無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ドラマ「コウノドリ」の医療監修を務めた医師が、小中高生に伝え続けている『NICU命の授業』が初の書籍化! 8月19日より販売開始。

株式会社赤ちゃんとママ社のプレスリリース2020年 09月 10日

ドラマ「コウノドリ」の医療監修を担当した神奈川県立こども医療センター新生児科医の豊島勝昭先生が、2008年より主に小中高生に伝え続けている「NICU命の授業」が、今回初めて書籍化されました。8月19日より全国の書店等で販売開始しております。

「NICU命の授業」は、「赤ちゃんが早産や病気で生まれてくるかもしれないと言われたら…」や「おなかの子に障害があるかもしれないと言われたら…」など、妊娠・出産で直面する困難な選択を迫られるいくつかのシーンを挙げ、思考力と想像力を働かせながら「もし、自分だったらどうする?」といった問題提起を交えて、答えのない答えについて考えてもらうことを大切にしています。

新型コロナウイルスの影響でリアルな「命の授業」を行うことが難しい中、本書籍は実際の授業を体感できる内容となっています。あらためて「命」について考える機会が増えている今だからこそ、多くの方に読んでいただきたい1冊です。

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2020年 09月 10日
タグ
出産 妊娠 命の授業 NICU 低出生体重児

月別掲載数

お知らせ