無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

全国一斉 司法書士による手続支援のための養育費相談会

千葉青年司法書士協議会のプレスリリース2020年 08月 30日

全国統一フリーダイヤルだから、全国どこからでもご相談可能!

 千葉司法書士会(会長 長谷川秀夫)及び千葉青年司法書士協議会(会長 白戸美紀)では、下記のとおり、全国一斉子どものための養育費相談会を開催します。
 厚生労働省が本年7月17日に公表した国民生活基礎調査によると、「子どもの貧困率」は2019年時点で13.5%で、前回調査の2015年の13.9%から大きな改善は見られず、依然として子どもの7人に1人が貧困状態にあります。また、子どもがいる現役世帯のうち、大人が一人の世帯の貧困率は48.1%となっています(令和1年国民生活基礎調査)。
さらに、離婚母子家庭において、「養育費の取り決めをしている世帯」は、約43%に過ぎず、「養育費を現在も受給している世帯」は24%という低い数値となっており(平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果)、養育費に関するこのような状況が子どもの貧困を助長しているといえます。
 今般、令和2年4月1日に改正民事執行法が施行され、養育費の取得の手段が広がること、令和元年12月「養育費算定表」が16年ぶりに改定されたことにより、現在、養育費問題に関して世間の耳目が集まっています。
 そこで、全国各地において適正な養育費を受給できない等で苦しんでいる方々に対し、養育費の支払いがない場合や取り決め自体がない場合における司法書士として取り得る法的手続等の支援を行うため、標記相談会を実施することといたしました。
 多くの声を聞くには、十分な周知が必要不可欠となります。ぜひ、報道関係者の皆様から本相談会についての記事掲載や報道をしていただきたく、お願い申し上げます。

 ◆日  時 : 令和2年9月12日(土)10:00 ~ 16:00
 ◆場  所 : 千葉司法書士会館 4階ロビー
 ◆電話番号 : 0120-567-301(全国統一フリーダイヤル)
 ◆相 談 料 : 無料
 ◆相 談 例 : 養育費の取り決めをしたが、支払われない・・・
         養育費の減額(増額)請求をされたが、どうすればよいのか・・・
         離婚を考えているが、養育費の取り決め方がわからない・・・
         家庭裁判所に提出する書類の書き方がわからない・・・
         相手の財産(給与・預貯金など)を差し押さえたい。
 ◆主  催 : 日本司法書士会連合会・全国青年司法書士協議会
千葉司法書士会・千葉青年司法書士協議会

    私たち司法書士は、子どものための様々な問題に全力で取り組んでいきます!
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 本件に関するお問合せ先 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
千葉青年司法書士協議会 担当 加藤裕
TEL: 047-712-1778

ジャンル
その他
業界
その他
掲載日
2020年 08月 30日
タグ
離婚 子ども 養育費 生活費 DV

月別掲載数

お知らせ