無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

子どもの自殺防止のために全国140カ所以上が手を上げる! #学校ムリでもここがあるよ2020キャンペーン

#学校ムリでもここがあるよ2020キャンペーン実行委員会のプレスリリース2020年 08月 13日

withコロナの今だからこそ、子どもたちに届けたい。
「学校以外の場でも子ども達を受けとめるよ」「社会全体で子ども達を見守っているよ」

新型コロナウイルス感染症の拡大による臨時休校、夏休みの短縮は子どもたちにも大きな混乱をもたらしています。#学校ムリでもここがあるよキャンペーンは、今年も子どもたちがどこかで生きづらさを抱えた時の第3の居場所を特設サイト(https://cocoaru.org/)上で紹介します。

政府の「2019年自死対策白書」によると、全世代の「自死者総数」と「自死死亡率」は減少していますが、10代の自死は2010年以降増加し続けています。特に夏休み明けの若者の自死率が高く、学校という場が、ある子ども達にとって死を選ぶほどの心の負担になり、また周囲にそのことを相談できる関係がないことが感じられます。学校に行きづらさを抱えながら通っている子が中学生の約1割程度存在していることも、最近の調査でも明らかになっています(2018「不登校傾向にある子どもの実態調査」日本財団)。

「逃げてもいいよ」とマスコミからも聞かれるようになりました。でも、子ども達はどこに逃げればいいのでしょうか?相談する人や居場所がない、学校に行くのがつらい、生きづらいと考える子ども達に、私たち大人は何ができるのでしょうか?
そこで私たちは、学校や家庭以外でも、安心できる居場所や相談場所があることを特設サイト(https://cocoaru.org/)で紹介する形で、「学校以外の場でも子ども達を受けとめるよ」「社会全体で子ども達を見守っているよ」というメッセージを子どもたちや社会に伝えていきます。

【キャンペーン概要】
①学校、家庭以外の居場所や相談場所の特設サイト「cocoaru.org」の開設
《期間》2020年8月17日(月)〜9月12日(土)
《内容》キャンペーン期間中に、居場所の開放、対面・電話・オンライン相談、食事の提供などを行う団体の情報を特設サイト(https://cocoaru.org/)上で紹介する(※サイトへの登録は、#学校ムリでもここがあるよ2020キャンペーン実行委員会団体および協力団体の会員等に限る)。

②オープニングイベント「居場所のちから〜大丈夫のタネをまこう」の開催
《日時》2020年8月22日(土)14:00 〜 16:30
《場所》お茶の水エデュケーションプラザ(EDUPLA)
(〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4−6 御茶ノ水ソラシティアカデミア 5F)
《内容》特定非営利活動法人全国こども食堂支援センター・むすびえ 理事長 湯浅 誠 氏と、川崎市こども夢パーク所長、フリースペースたまりば理事長 西野 博之 氏の対談
※当日はオンラインでライブ動画を配信します。詳細は下記参加申込先をご確認ください。
《参加申込》https://cocoaru2020.peatix.com/ より

③クラウドファンディングの実施
本キャンペーンの運営費用は全て寄付で賄います。50万円を目標にクラウドファンディングに挑戦します。
クラウドファンディングページ:https://camp-fire.jp/projects/view/313268

【主催】#学校ムリでもここがあるよ2020キャンペーン実行委員会
《構成団体》
特定非営利活動法人全国こども食堂支援センター・むすびえ(https://musubie.org/
特定非営利活動法人日本冒険遊び場づくり協会(http://bouken-asobiba.org/
FUTURE DESIGN(多様な学びプロジェクト)(https://www.tayounamanabi.com/
特定非営利活動法人フリースクール全国ネットワーク(https://freeschoolnetwork.jp/

【協力】特定非営利活動法人チャイルドライン支援センター、一般社団法人全国食支援活動協力会

ジャンル
キャンペーン
業界
その他
掲載日
2020年 08月 13日
タグ
夏休み 子ども 不登校 自殺 居場所

月別掲載数

お知らせ