無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

書籍「マイクロLED市場・技術トレンド」、発売のお知らせ。

沖為工作室合同会社のプレスリリース2020年 07月 28日

2020年7月30日に沖為工作室合同会社が執筆した書籍「マイクロLED市場・技術トレンド」サイエンス&テクノロジー社から発行されます。(※当書籍はすでに多数のお申込みを頂いております。なお当書籍には著者割引もございますので、著者割引適用専門お申込み用紙ご入用の際は弊社までお知らせ下さい)マイクロLEDは次世代ディスプレイ技術として期待を集めている一方で、AR・VRデバイス等、新しいユーザー体験を提供するキーテクノロジーとしても注目されています。Google社、Facebook社、IKEA社等が投資ないしは事業参画しているのは承知の通りです。

マイクロLEDディスプレイはソニー社のCLEDISが元祖と言われています。その後、Apple社がマイクロLEDディスプレイ開発のためにLuxVue社を買収していますが、いまだに同社はマイクロLED製品の投入をしておらず、この技術を量産化することの難しさを物語っていると言えます。著者はかつて海外調査会社の調査レポートの代理販売などを通じて、マイクロLED分野の情報収集ならびに、アナリストや日本・台湾の技術者と情報交換を行ってきた過去があります。特に日本の技術者の方々からはマイクロLEDのマーケット展望や企業・技術動向に関する質問を多く頂き、この分野への関心の高さを感じたとともに、果たしてこの技術に賭けてもいいのかという迷いも同時に感じとったことを強く覚えています。

書籍「マイクロLED市場・技術トレンド」はどうしてもこのエマージングテクノロジーを市場に送り出したいという開発者の熱い思いに影響を受け、執筆しています。技術動向については、各社の開発内容の概要をまとめています。数年前と比較すると着実に技術が進展しており、近い将来のより多くの製品化が現実的な予想として期待されると考えます。またこの本は技術動向だけでなく、マイクロLEDをマーケティングするには何が必要かについても述べています。著者は経営学修士も取得しており、なぜ複数あるディスプレイ技術の中でマイクロLEDでなければならないかについて総合的な分析も加えました。「マイクロLEDなんか来るわけがない」、マイクロLEDトレンドの初期ではそうした声も多く聞かれました。ただ偶然か必然か、デジタル化がさらに進んでいく私たちの社会とマイクロLEDは運命的な結びつきがあるのではないかと感じています。この書籍が読者企業の事業・技術開発のお役に立つことができれば、これ以上の幸せはないと考えています。

【本件に関するお問合せ先】
沖為⼯作室合同会社
CEO:沖本真也 (Zhenye)
電話:050-4560-2377 メールアドレス:zhenye0903@chong-wei.com

ジャンル
調査・研究結果
業界
コンサルティング・シンクタンク
掲載日
2020年 07月 28日
タグ
AR 中国 シェア スマートシティ マイクロLED

月別掲載数

お知らせ