無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

池袋の新拠点「ニシイケバレイ」始動! エリアリノベーションで、“まちの家”を創ります

株式会社バイツのプレスリリース2020年 07月 24日

有限会社深野商事(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:深野弘之)は、かねてより西池袋(東京都豊島区西池袋5−12−12)においてエリアリノベーションを進めてまいりましたが、当該エリアを「ニシイケバレイ」と命名し、来る 2020 年 7 月 29 日(水)に開業致します。

「ニシイケバレイ」は、飲食店やシェアスペース、シェアアトリエなど、多様な空間・サービスが集積する複合エリアとしてのエリアリノベーションを、現在進行形で進めております。その中心となる「Kitchen(キッチン)」「Chanoma(チャノマ)」、2つの施設の工事完了に伴い、先駆けてオープンする運びとなりました。

地域に根ざしたまちづくりを進めながら、好立地・好アクセス(JR池袋駅西口から徒歩7分、東京メトロ副都心線 池袋駅C2出口から徒歩4分)も活かし、他地域の方々にも足を運んで頂けるような、池袋の新拠点となることを目指してまいります。

◆ 背景・コンセプト

仕事と遊び、生産と消費、公と私…日常の中でのあらゆる役割や機能が、もはや画一的には線引きができなくなってきた昨今。「共創」という言葉が象徴するように、法人・個人を問わず様々なステークホルダーが、協働で価値を創造する社会へと変容しつつあります。

ニシイケバレイは、この「共創」の考えの下に、“完成された、商業施設”としてではなく、“余白を楽しむ、まちの家”として、エリアリノベーションを進めています。

中心となる施設は、築70年以上の木造平屋をリノベーションした、「Kitchen(キッチン)」と「Chanoma(チャノマ)」。ビルの谷間とは思えないほど、豊かな緑に囲まれたこの施設。「Kitchen」は、テイクアウトフードはもちろん、世界の郷土料理などを楽しめる飲食店として、「Chanoma」は、ワークショップなどを開催できるシェアスペースとして、2020 年 7 月 29 日(水)にオープン致します。

さらに今後、シェアアトリエやジムなどを用途とするリノベーション計画も予定していますが、あえて明確な決定はしておりません。ときには、この街で暮らす人の憩いの場として、ときには、働く人の挑戦の場として、またときには、旅する人をもてなす場としてと、その表情を変える“まちの家”であり、多様な人々が参加できるこの余白にこそ、ニシイケバレイの価値があると考えているためです。

期せずして迎えたコロナ禍の中にあって、私たちは今、物理的にも精神的にもあらゆる局面において、“新しい距離感”を模索しています。そのような社会状況下においてはますます、「共創」や「余白」を前提としたプラットフォームが、オンラインだけでなく、リアルの場にこそ必要であると思いを強くしています。

西池袋のビル群の下、様々な支流が合流する“谷”のような「ニシイケバレイ」。社交場であり、社会実験の場でありと、様々な化学反応を起こし続けるエリアを目指していきます。

◆「ニシイケバレイ」エリア概要
エリア名:ニシイケバレイ
所在地:東京都豊島区西池袋5−12−12
交通:JR池袋駅西口から徒歩7分、東京メトロ副都心線 池袋駅C2出口から徒歩4分
敷地面積:約3,120㎡
建物用途:飲食、物販、サービス、事務所等
事業者:有限会社深野商事
不動産コンサルティング:Damaya Company株式会社
設計・監理者:株式会社須藤剛建築設計事務所
施工者:有限会社日神山内装、有限会社東匠ハウジング
運営者:株式会社バイツ
企画協力:株式会社シーナタウン

◆「Kitchen(キッチン)」店舗概要
テナント名:森小屋トリイ
所在地:東京都豊島区西池袋5−12−3
営業時間:8:00〜18:00(L.O. 17:00)
定休日:不定休
席数:20席

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2020年 07月 24日
タグ
リノベーション まちづくり 池袋

月別掲載数

お知らせ