無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

三重とこわか健康経営カンパニー ホワイトみえ に認定されました

株式会社グリーンズのプレスリリース2020年 07月 23日

 株式会社グリーンズ(本社:三重県四日市市、代表取締役社長:村木雄哉、証券コード:6547)は、2020年7月7日、「三重とこわか健康経営カンパニー(ホワイトみえ)」認定制度において、創設後初めての認定事業所127事業所の一つとして認定されました。

■「三重とこわか健康経営カンパニー(ホワイトみえ)」認定制度
「三重とこわか健康経営カンパニー(ホワイトみえ)」認定制度は、三重県が創設した認定制度で、多くの人々が一日の大半を過ごす職場での健康づくりに取り組むため、企業における主体的な健康経営(※)の取り組みを「見える化」して更なる取り組みを促進する仕組みです。
※「健康経営」は、特定非営利活動法人健康経営研究会の登録商標です。
○健康経営とは  
従業員の健康保持・増進の取り組みが、将来的に収益性等を高める投資であるとの考えの下、健康管理 を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。
https://www.pref.mie.lg.jp/KENKOT/HP/m0068900198.htm

■当社グループの取り組み
1957年、三重県四日市市で「駅前旅館」として誕生した株式会社グリーンズは、これまでも定期的な健康診断はもちろん、メンタルヘルス診断・従業員用の相談窓口の運用など、24時間365日営業するホテルを運営する企業として、その運営を支える従業員の心やからだの健康管理に努めて参りました。従業員のリフレッシュが重要であることから、20年前以上から、7日間の連休を年2回取得できる制度を導入し、有給休暇の取りやすい環境(シフト)づくりなど、より実効性の高い心身の健康づくりに取り組んでおります。
このたび三重県において、職場での健康づくりを通じた県民の健康への取り組みとして「三重とこわか健康経営カンパニー(ホワイトみえ)」の認定制度が創設されたことを機に、当社、グリーンズの健康づくりを、三重県の本社からさらに推進していくことをめざし、本認定制度に申し込みをいたしました。
今後は従来の取り組みに加えて、CSR活動の重点領域「人づくり」の一環として地域の健康イベント(マラソン等)への参加、協賛など地域住民参加型の健康増進活動へ取り組みを強化し、地域社会全体の健康づくりに貢献してまいります。

■株式会社グリーンズについて
株式会社グリーンズは、40ヵ国以上7,000軒以上のホテルチェーンのグローバルブランドを擁する「チョイスホテルズ事業」と、60年以上のホテル運営の実績をもつ「グリーンズホテルズ事業」とのシナジーで、中間料金帯ホテルチェーンで唯一全国展開に成功しています。

グリーンズグループのCSR宣言
~「環境にも人にも優しいホスピタリティあふれる企業」を目指します~
「地域社会への奉仕と貢献」を企業目的の1つとし、地域に密着した社会貢献活動や事業を通じての環境活動などを行っています。企業の社会的責任を果たし、半世紀以上にわたり培った地域における信頼をさらに盤石なものとすべく今後も真摯にCSR活動に取り組んでまいります。グリーンズグループのCSR重点テーマの実現を通して、SDGs(持続可能な開発目標)の実現にも寄与してまいります。

URL:https://www.kk-greens.jp/
事業内容:ホテル・レストランの経営、その他付帯する業務

ジャンル
その他
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2020年 07月 23日
タグ
ビジネスホテル 健康経営 三重とこわか ホワイトみえ 人づくり

月別掲載数

お知らせ