無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

話してストレス発散!なんでも気軽に相談できる「温かい他人」が求められる理由【お知らせ】

RAINY運営事務局のプレスリリース2020年 07月 11日

<要約>
”rainy”は、仕事の悩みから好きな人の愚痴やノロケまで、なんでも気軽に相談できる「温かい他人」をお届けしています。
今、家族でも友だちでもないからこその、ストレスを吐き出したり気分転換できる相手が求められており、6月期は前月比売上150%を超えました。
LGBTの方やうつ経験者から、主婦さん、大学生まで、年代や性別を問わず幅広くご利用頂いています。

<本文>
RAINY運営事務局(代表取締役:山根春輝)の運営する"rainy"は、2018年4月にクラウドファンディングから始まりました。
この時期だからこそ、ご利用が増えています。
https://rainy.jp

■サービスの背景と概要
話したら気持ちって軽くなるけど、素直に話すことって案外むずかしい。
rainyはそんな課題を解決するために始まりました。
家族や友だちだからこそ話しにくい、そんな時に「温かい他人」という距離感の相手だからこそ、なんでも気軽に相談できるサービスです。

相談内容は、仕事の悩みから好きな人の愚痴やノロケまであります。
ご利用者さんには、LGBTやうつ経験者から、主婦さん、大学生まで、年代や性別を問わず幅広くご利用頂いています。
同様に、相談を受けるキャストにも、LGBTの方や、おじさんさんから大学生まで、個性豊かなメンバーが揃っています。

■「温かい他人」が求められる理由
最近「疲れた」という言葉がトレンド入りするなど、いかに気持ちを整えるかが課題になっています。
rainyを利用して下さる方には、以下のような方が多いです。
・不安で落ち込んだり寂しなったから誰かと話したい
・イライラ、モヤモヤ、ストレスの吐き出し場所が欲しい
・普段話さない人と話して気分転換をしたい
これは多くの人が胸の内に抱える悩みです。
会話は幸せホルモンであるオキシトシンの分泌を促進するため、溜め込まずになんでも話せる相手は大切です。
rainyは、「温かい他人」は、その一つになっています。
6月期は前月比売上150%を超え、ご利用が増えています。

■カウンセリングとの違い
多くの方がカウンセリングに、病気じゃないしと思ったり、ハードルを感じます。カウセリングの一つの本質は、心のうちを話すことです。専門家ではなく、親近感を感じる「一般の人」だからこそハードルなく、話しやすいこともあります。
また、レンタル彼氏/彼女などは軽すぎたり、夜の世界は怖かったり、そういう時にrainyは足を踏み出しやすいサービスになっています。

■rainyのこれから
rainyはこれからもなんでも相談できる第三者が自然なものになり、「誰も1人で抱え込まなくてよくなるように」というテーマの実現を目指していきます。
初回の方へは、2000円割引のクーポンもございます。
また、キャストも募集しています。

■代表について
1997年、島根県出雲市生まれ。
慶應義塾大学休学中。
大学2年次に、子どもたちの「やりたい」をカタチにするために小学生向けの教育の会社を設立。
その後、今までの自分では想像のつかない場所に行きたいと思い、会社を抜けて歌舞伎町のホストクラブで働き始めました。
そこで一人で泣いている人がたくさんいることに気付き、家族でも友だちでもない人だからこそ話せることもあると実感しました。
また、自身が早くに両親を亡くしている経験もあり、そんな人たちに何か届けたいと思い、”rainy”を始めることにしました。

体験取材もお受けしています。

■RAINYについて
運営:RAINY運営事務局
代表者:代表取締役 山根春輝
設立:2018年10月13日
TEL:03-4500-7690
MAIL:info@rainy.jp
URL:https://rainy.jp
事業内容:"rainy"「もう一人で泣かなくてもいいように」温かい他人をお届けします。

ジャンル
商品・サービス
業界
美容・医療・健康
掲載日
2020年 07月 11日
タグ
ストレス 疲れた モヤモヤ コロナ

月別掲載数

お知らせ