無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

全国から写真募集「阿波おどり フォトモザイク」プロジェクト

阿波おどり会館のプレスリリース2020年 07月 09日

徳島の夏を盛り上げる「阿波おどり フォトモザイク」プロジェクト
~みなさんの阿波踊りに関する写真を募集します!~

徳島が世界に誇る“阿波おどり“が一年中楽しめる施設「阿波おどり会館」(徳島市新町橋2丁目20番地、大貝誠治館長)は、全国から阿波踊りにまつわるさまざまな写真を募り、大きなフォトモザイクを制作します。お盆には、大きなパネルになって、阿波おどり会館2階ギャラリーに登場する予定です。
 
■詳細
募集期間:2020年7月6日 ~ 7月31日
展示期間:8月12日~(予定)
募集内容:阿波踊りにまつわる写真。撮影年月日は不問。
投稿方法:専用ページ(http://zzn8.com/s_cgi/photoup.cgi
にアクセスして写真を投稿する。右のQRコードから。
メイン画像:「阿波盆踊図屏風」六曲一双 吉成葭亭筆   
パネル展示場所:阿波おどり会館2階ギャラリー
パネルサイズ: 2378mm×1682mm/1枚あたり

■フォトモザイク とは
 たくさんの写真や画像を使って、1つの写真やイラストなどを表現する手法です。近くでは写真を貼り合わせたように見え、離れると1つの作品が浮かび上がります。

■「阿波盆踊図屏風」六曲一双 吉成葭亭筆 とは
江戸時代の絵師・吉成葭亭(かてい)が手掛けた、左右1組の作品です。右側には、三味線や太鼓、鼓などのあわせて軽快に踊る人々の姿が描かれています。左側は、月夜の橋の上を乱舞する集団が生き生きと描かれています。
江戸時代の踊りを表した貴重な絵画で、当会館のミュージアムにレプリカが展示されています。観光パンフレット等に用いられ、よく知られる阿波踊り絵の一つです。
今回は、阿波踊りを代表する絵画2枚のアートパネルと、阿波おどり会館のステージに立つ専属連の写真パネルを展示。時代を超えた阿波踊りの魅力を表現します。

■フォトモザイク制作に込めた思い
 新型コロナウイルス感染症の影響で、2020年は全国の阿波踊りイベントが中止となりました。阿波おどりがない夏は、私たちにとって経験がなく、心からさみしく感じています。こんな時だからこそ、阿波おどり会館が中心となって徳島の夏の盛り上げを図りたいと考え企画しました。皆さまの阿波踊りに関する思い出を一つにすることで、何よりすてきなアートが完成すると信じています。

■施設概要
施 設 名: 阿波おどり会館
代 表 者: 館長 大貝 誠治
所 在 地: 〒770-0904 徳島県徳島市新町橋2丁目20
事業内容: 阿波踊りの実演・体験、眉山ロープウエイ運営など
ホームページ: https://awaodori-kaikan.jp/  

■本件に関するお問い合わせ先
阿波おどり会館 (担当・篠原)
TEL:088-611-1611
Email:tokushima@awaodori-kaikan.jp 

ジャンル
キャンペーン
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2020年 07月 09日
タグ
写真 募集 徳島 阿波おどり

月別掲載数

お知らせ