無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

大学受験のパーソナルジム、武田塾が石垣島に開校

武田塾石垣校のプレスリリース2020年 07月 05日

日本初の授業をしない塾「武田塾」(本部:東京都文京区、塾長:林尚弘)が、2020年7月7日に沖縄県石垣市に開校します。現在、全国で300校舎以上展開し、県内では那覇校、沖縄校に次ぐ3校舎目、島嶼部では国内初の開校となります。
武田塾は、2006年大学受験専門予備校として「授業をしない塾」をコンセプトに東京の御茶ノ水で開設され、E判定だった受験生を早稲田大学に合格させるなど、その勉強法が脚光を浴びるようになりました。2018年には沖縄県で初めて那覇校が開校し、現在では生徒数が全国上位に食い込む人気となり県内でも高い実績があります。

自学自習が基本
塾長の林尚弘(年齢)は、千葉県内ではトップレベルの千葉県立船橋高等学校に進学し、東大合格を目指して高校入学時から週3回大手の予備校へ通うも大学受験に失敗。その経験から、偏差値を上げるのは授業ではなく「1冊の参考書を完璧に身に付けること」であると確信し、一人ひとりの「自学自習」を徹底的に管理する革新的な予備校を展開するに至りました。このフルサポート型のパーソナル管理法はまさに、大学受験のパーソナルジムと言えます。

教育格差の是正へ
石垣島では兼ねてより、中学卒業と同時に内地の私立高校に進学するケースが多く見られますが、島内でこのような偏差値を効果的に上げられる環境ができることによって、高い学費や仕送り生活費など大きな負担をわざわざ抱えることなく、この地域から早慶や有名国公立といった難関大学に行けるようになると考えられます。
島嶼部初の武田塾の開校により、地域による教育格差問題を是正するモデルケースになることが期待されます。

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2020年 07月 05日
タグ

月別掲載数

お知らせ