無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

『創業320年の鰹節専門店 「だし」再発見のブランド戦略』  5月28日(木) PHP研究所より出版

東都のれん会のプレスリリース2020年 06月 02日

東都のれん会加盟店の一軒、「にんべん」の当主による書籍が5月28日、PHP研究所より出版されました。

にんべんは、元禄12年(1699)に初代が日本橋のたもとで戸板を並べ、鰹節と干魚類の商いを始めたのが始まりです。今年春、創業満320周年を迎え、当主の髙津克幸は、十三代髙津伊兵衛を襲名いたしました。
本書では、にんべんの長い歴史を振り返るとともに、2010 年にオープンさせた初の飲食事業「日本橋だし場」が、「だし」の魅力を再発見するきっかけとなって様々な商品や事業がスタートした経緯を活写。現在、取り組んでいる商品や事業に落とし込まれている、商いを通したお客様との関わり方を伝えていきます。
300年企業の当主によるビジネス書として、また鰹節の食文化史としてもお楽しみいただける一冊をぜひご紹介いただけますようお願いいたします。

■書籍名 : 創業320年の鰹節専門店 「だし」再発見のブランド戦略
■著 者 : 髙津伊兵衛 (にんべん十三代当主 社長)
■出版社 : PHP研究所
■価 格 : 1600円(税別)
■発売日 : 2020年5月28日
*電子版は2020年5月29日発売。希望小売価格1,364円

【本件に関するお問い合わせ先】
・東都のれん会 Mail:info@norenkai.net 
・株式会社にんべん 経営企画部 広報宣伝グループ ☎03(3241)0519 

【東都のれん会とは】 https://www.norenkai.net/
昭和26年(1951)に「三代あるいは100年以上、同業で継続し、現在も盛業中」の店のあるじたちが集い、設立した東京の老舗の集まりです。50余店の加盟店が、今も伝統の継承と発展に努力を続けています。

ジャンル
その他
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2020年 06月 02日
タグ
老舗 にんべん だし 東都のれん会

月別掲載数

お知らせ