無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

セキュリティシステム「InfiPower GUARD」Ver1.0のリリース

インフィパワー合同会社のプレスリリース2020年 05月 29日

インフィパワー合同会社(本社:神奈川県横浜市)は、太陽光発電施設に特化した防犯システム[InfiPower GUARD]バージョン1.0を提供開始いたしました。同時リリースの産業用防犯・監視カメラ(CB2M4I6-8-35、CS62M20HI)との併用でプライベートな遠隔防犯システムができ、今回のリリースで新規開発のAndroidスマートフォン/iPhoneのアプリとサーバソフトウェアを中心に、リアルタイムにIPアドレスの自動更新、電源落ち、断線の警報、カメラの操作・録画、ウェブとアプリ両方からのアクセス、複数ユーザからの同時監視、太陽光発電所のメンテナンスと防犯の両方から機能を拡張しました。

自社のPM-SAC16ハードウェアプラットフォームをベースに、内部構成にによって4つの製品があります。
1.「InfiPower Spider」遠隔発電監視システム
2.「InfiPower GUARD」遠隔防犯システム(8/16ポート電流センサ機能付、今回発表の製品)
3.上記1と2を一体化した遠隔発電+防犯複合システム(8/16ポート電流センサ機能付)
4. 1の発電監視と2の防犯機能がない、単純な8ポート/16ポートの電流センサ(図面中の#1、#2、#3電流センサ)
現在すでに「InfiPower Spider」を購入されたお客様に対して、無料で3番の「InfiPower Spider」+「InfiPower GUARD」一体化複合システムにアップグレードできます。

【製品概要】
製品名: 「InfiPower GUARD」
パッケージ内 容: 
InfiPower GUARD本体
電流センサー 5個(追加購入可)
5V電源アダプタ(入力電圧100~240V) 1個
系統電圧ACコネクタ 1個
MicroUSBケーブル 1本
関連ソフトウェア 1式
監視対象が80Aを超える大電流の場合、別途160A用T24電流センサを買い求めください

主要機能:
スマートフォンのアプリモジュール「InfiPower GUARD」
アプリ「InfiPower」の「InfiPower GUARD」モジュールで、監視したい発電所を登録すればリアルタイムに発電所からの警報メール、プッシュメッセージが複数のユーザに届き、カメラが自動録画しながら現地状況を確認して対応することができます。

防犯カメラを自由に操作
PTZカメラなら自由に操作し、ネットワークのスピードに合わせて画質と転送モードを指定し、まるで現場にいるように任意の角度から細部まで監視できます。

イベントと録画履歴を記録し、事後の分析と証拠提出に役立つ
電流センサと連動し、トリッガされたらカメラが自動録画を開始しながら、ユーザが現地状況を確認して対応することができます(常時録画もできます)。

【特徴】
1.クラウドを使わないプライベート的なシステムですので、サーバ費用が発生しません
2.InfiPower GUARDサーバが監視対象を常に監視し、電圧と電圧が閾値範囲を超えたら、即時に警報メールを送り、スマートフォンに警告メッセージをプッシュします
3.遠隔で複数の防犯カメラ(InfiPower認定品)を操作することができます
4.ウェブブラウザとスマートフォンアプリ両方から使えます
5.InfiPower GUARDサーバは電解コンデンサを使わないので耐用年数が延びます
6.グローバルIPアドレスを持つSIMカードかVPNがあれば使えます
7.名刺カードケースのサイズで狭いスペースでも設置可能

■会社概要■
名称:インフィパワー合同会社
所在地:〒232-0065 横浜市中区宮川町2-55ルリエ横浜宮川町502
事業内容:太陽光発電設備の開発、IT/IoTシステム開発
URL: http://infipwr.com
■問い合わせ先■
インフィパワー合同会社
MAIL: info@infipwr.com
TEL:045-251-3418

ジャンル
商品・サービス
業界
素材・化学・エネルギー・運輸
掲載日
2020年 05月 29日
タグ
太陽光発電 防犯 盗難

月別掲載数

お知らせ