無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

「スマチュー」のテイクアウト対応開始のお知らせ

株式会社ビジネスラボのプレスリリース2020年 05月 22日

株式会社ビジネスラボ(東京都台東区、代表取締役 張 綜哲)は、当社ITサービス事業の一環として、QRコードを利用した飲食店向け注文管理システム「スマチュー」の新機能によるテイクアウト対応を開始いたしましたので、お知らせいたします。

【新機能の概要】
「スマチュー」は飲食店での注文業務の効率化・省力化を可能とするITサービスです。このたび「スマチュー」を飲食店内でのイートイン注文だけでなく、飲食店外からのテイクアウト注文にも対応させることで飲食店の柔軟な接客対応の転換に一助いたします。
これは東京都の新型コロナウイルスの感染拡大による休業要請など一連の新型コロナウイルス感染症緊急対策に呼応するものとして当社では位置付けています。

【東京都緊急対策】
小池百合子東京都知事が4月15日に発表した都の緊急対策によりますと、東京都は新型コロナウイルス感染拡大による休業要請および営業時間短縮、都民の外出自粛要請などに絡み、大きく売上が落ち込んでいる都内中小飲食事業者が新たなサービスにより売上を確保する取り組みに対し、宅配やテイクアウトを新たに始める際の初期費用を助成する方針を固め、4月23日より事業転換支援事業を開始しました。
(参照:https://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/jigyo/conversion.html

【スマチュー新機能の概要】
「スマチュー」は飲食店内に置かれたQRコードを来客のスマートフォンで読み込むことでメニューの表示と注文の発注を行い、飲食店に設置された「スマチュー」専用サーマルプリンターから注文内容とテーブル番号が印字されることで効率化・省力化された注文の受付を可能とするシステムです。
当社ではこの従来のシステムに加え、テイクアウトにも対応する機能を追加しました。
「スマチュー」を導入した飲食店側でテイクアウト受付用のQRコードを用意し、これをチラシや看板に掲げることで、注文客は自身のスマートフォンからメニューを選んでオーダーすることができます。このとき、テイクアウト対応機能として「注文客の連絡先」「注文受付時間」が「注文内容」「受付番号」とともに飲食店に設置された「スマチュー」専用サーマルプリンターから印字されるようになっています。
したがって「スマチュー」を導入することで飲食店は手軽にテイクアウトへの対応が可能となり、東京都の助成を受けられる機会が得られます。なお、「スマチュー」の設置において飲食店側で用意するものは店内Wi-Fi環境のみで、設置のための配線などの工事は不要です。また、「スマチュー」システム利用料金は月額固定であるため、注文数に応じた手数料の追加発生などはありません。
加えて、当社の「スマチュー」を導入すれば、店内イートインにおいても感染拡大の媒介となりうる紙メニューや共用タブレットを店内から減らすことができ、また接客時の接触時間も短縮できるため、来客と従業員との感染防止に役立ち、飲食店が感染源となるリスクを大幅に軽減することが可能となります。

当社では「スマチュー」の営業を開始しており、導入を検討している飲食店様は、info@biz-labo.jpまたは03-3833-3544までご連絡いただけますようお願いいたします。

東京都台東区台東1丁目9番4号 松浦ビル5階
株式会社ビジネスラボ
http://biz-labo.jp/

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[コンシューマ]
掲載日
2020年 05月 22日
タグ
飲食店 QR テイクアウト 注文 コロナ

月別掲載数

お知らせ