無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

伝書鳩 Lite 楽天スマホページ保守版の販売開始

Vintage Solutions, Incのプレスリリース2020年 05月 18日

報道関係者各位
プレスリリース                 

2020年05月18日

米国カリフォルニア州サリナス市発―
VINTAGE SOLUTIONS, INC(本社:米国California Salinas、代表取締役社長:
Ronald Niino)は、有限会社Morii/店舗名:ナタリー号(2006年創業、所在地:
広島県広島市佐伯区五日市中央5丁目9-20-201、代表:森井英二) と共同で、
楽天市場スマホページ用の表示支援システム「伝書鳩 Lite 楽天スマホページ保守」
の販売を5月20日より開始します。

【 伝書鳩 Lite 楽天スマホページ保守 】開発の背景

楽天は今年初め、4月から7月にかけてスマートフォンページリニューアルを発表し、
これに伴いスマホページの改変を実施、HTMLタグの利用制限がより厳しくなります。

これまで楽天参加店舗は、ネットで知られる「裏ワザ」などを利用し、スマホページ
を独自にカスタマイズして個性ある商品ページを構築していましたが、今後、これら
の工夫の利用ができなくなります。

但し、現在RMSに設定しているページを再編集をかけようと保存した際に、保存が完了
のページに遷移しないようエラーメッセージが出る変更とのことですので、変更がない
場合は従来通り表示が継続可能と理解されています。

そこで、楽天の店舗管理ページを編集しないで、スマホページの改変ができる
「伝書鳩 Lite 楽天スマホページ保守」を作成しました。

【 楽天システム改変後でも可能になる事 】

楽天の裏ワザを利用したフローティングメニュー、固定サイドバナー、お気に入り
アイコン表示など、引用画像やリンクアドレスの修正、変更などが可能となります。

スタイルシート、スクリプトを保持したまま、共通パーツ領域の表示を作成、編集
することが出来ます。

【 伝書鳩 Lite 楽天スマホページ保守 】の機能

楽天管理コンソールで編集を実行することなく、共通パーツ領域内の宣言を可変できる
ようにします。

本システムは、2つの部品で構成しています。

1つ目は、店舗独自にカスタマイズした表示を保守して管理する機能。同機能を利用
してGold空間に設置しているスクリプトとスタイルシートの引用を支援をします。

2つ目は、共通パーツ内でのHTML表示コンテンツ作成を支援し、同領域に表示させる
機能です。楽天RMSの標準機能では、共通パーツ内に複数の表示コンテンツを持つこと
は出来ません。しかしながら、この機能を利用することで、商品毎、カテゴリー毎に
任意で異なる表示コンテンツの表示が可能になります。

■ 伝書鳩 Lite 楽天スマホページ保守 機能説明

https://bit.ly/2X2uWmM

■ 本プレスリリースURL

https://bit.ly/3bFuZu7

【 取材お問い合わせ先 】

本件についてのお問い合わせは、下記メールアドレスからお受け致します。

広報関連

お問い合わせ: shop@innovative-ec.com
URL: http://www.innovative-ec.com

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[コンシューマ]
掲載日
2020年 05月 18日
タグ
楽天市場 RMS スマホページ

月別掲載数

お知らせ