無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

総務の中の総務、プロ総務109人を徹底調査。プロ総務は情報収集に社外人脈の利用が高い傾向に。

株式会社月刊総務のプレスリリース2020年 04月 22日

日本で唯一の総務専門誌『月刊総務』を発行する株式会社月刊総務(所在地:東京都千代田区、代表取締役:豊田健一)は、全国の総務担当者(828人)を対象に、大規模調査を実施しました。この調査結果を『月刊総務』5月号(4月8日発売)、特集「総務部門の課題、戦略、未来 全国総務部門アンケート(個人編)」にて解説しています。

本調査結果の詳細は以下のページよりご確認ください
https://www.g-soumu.com/data/soumu_questionnaire_survey.pdf

【プロ総務は、全体の約 13%(828 人中 109 人)】
今回のアンケートでは、「総務の仕事が好き」「総務の仕事にとてもやりがいを感じる」「総務部門が会社に十分貢献できている」と回答した総務パーソンを「プロ総務」として抽出し、その数は 109 人になります。

【プロ総務のうち、管理職以上は 83.5%。平均年齢は 47.8 歳】
プロ総務の役職は、「役員クラス」が 10.1%。「部長クラス」は 20.2%。「課長・次長クラス」が 35.8%。「係長・主任・リーダークラス」が 17.4%と、約 8 割が管理職以上であることがわかりました。また年齢についても、「40 歳代」が 40.4%。「50 歳代」が 37.6%と大半を占め、平均年齢は 47.8 歳という結果になりました。

【情報収集がプロ総務になるためのカギ。社内に限らず社外の情報にも精通】
プロ総務が成果を上げるために努力すべき点は、「常に本質的な課題は何か見抜こうとする」(65.1%)、「社員や社内の事情・情報を常に把握する」(59.6%)、「重要なスキルや情報を得るために外部とのコンタクトを欠かさない」(54.1%)が、上位にランクインしています。

【プロ総務の情報収集方法は、専門家、交流のある企業、社外の知人、友人への相談が高い傾向にあり】
業務に必要な情報の収集方法は、「インターネット、専門サイトで調べる」(85.3%)、「講演、セミナー、イベント等への参加」(71.6%)、「新聞、書籍、雑誌で調べる」(67.0%)が上位にランクインしています。
その中でもプロ総務は、「専門家への相談」(58.7%)、「交流のある企業への相談」(48.6%)、「社外の知人、友人への相談」(26.6%)と、社外ネットワークを活用した情報収集の数値が高い傾向にあります。

【調査概要】
調査名称:全国総務部門アンケート
調査対象:『月刊総務』読者、「月刊総務オンライン」メルマガ登録者ほか
調査方法: Web アンケート
調査期間: プレ調査 2019 年 10 月 7 日~10 月 13 日、本調査 2019 年 11 月 6 日~11 月 20 日
有効回答数:プレ調査 493 件、本調査 828 件 分析:『月刊総務』編集長 豊田健一
※『月刊総務』4 月号(3 月 8 日発売)では、「全国総務部門アンケート(組織編)」を解説しています。

【『月刊総務』概要】
創刊 56 年の日本で唯一の総務専門誌。「総務の今を知り、これからの総務を創る」をキャッチフレーズとし、総務部門で働く人
を中心に、幅広くビジネスパーソンに読んで役に立つ記事を提供。上場企業、大手事業会社、中堅・中小企業と、幅広い規模の
企業に定期購読していただいております。(創刊:昭和 38 年 6 月/印刷部数:1 万 2,000 部/定価:1,100 円)

■本リリースに関するお問い合せ先
株式会社月刊総務
TEL:03-5816-6031 FAX:03-5816-6032
E-Mail:soumu@g-soumu.jp
月刊総務オンライン(http://www.g-soumu.com/

ジャンル
調査・研究結果
業界
教育・資格・人材
掲載日
2020年 04月 22日
タグ
調査結果 総務 バックオフィス 働き方改革 社内評価

月別掲載数

お知らせ