無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

「マイクロLED市場の最新トレンド 」-次世代インターフェイスを巡る争い-発行

沖為工作室合同会社のプレスリリース2020年 04月 09日

将来、実用化が期待される先端技術の情報を提供する沖為工作室合同会社(東京都町田市、CEO:沖本 真也)は4月9日「マイクロLED市場の最新トレンド 」-次世代インターフェイスを巡る争い-を発行いたしました。

近年、ディスプレイの捉え方が大きく変わってきています。従来まではディスプレイとはその文字通りの意味において何かを表示することが主な役割でありましたが、デジタル化のさらなる加速により、ディスプレイはアナログ的な意味からあらゆるものをデータとして扱うデジタル的なパースペクティブの中で再定義され、データと人との関わりの中で捉えるべきものとなっています。

昨今ディスプレイでキーワードとなる「Foldable」、「Interactive」、「Scalable」、「Rollable」、「Transparent」、「Wearable」もデジタル化された情報をいつ、どのように私たちに届けるかということにフォーカスされ、その機能も可動性(Mobility)を志向したものとなっています。インタラクティブ、透明、ウェアラブルは5Gのテーマとも親和性が高く、次世代のプラットフォームにもなりえる可能性を秘めています。5Gは4Gの延長線上として捉えられる側面と、消費者のデジタル体験を劇的に変えるイノベーションとして捉えられる側面があります。

沖為工作室合同会社では後者の視点からマイクロLEDは革新的な次世代プラットフォームを担う重要な要素となりえると考えています。そのポイントはマイクロLEDディスプレイが優れているとされる画像クオリティー、速度がデジタライズされていく私たちの社会と密接にリンクしていくからです。

「マイクロLED市場の最新トレンド 」-次世代インターフェイスを巡る争い-ではマイクロLED市場について、マーケットトレンドはもちろんのこと、ディスプレイの領域に限らず、幅広い視点からマイクロLEDの可能性についてレポートしています。

【当サービスについて】
https://bit.ly/39QGI8l

【沖為工作室合同会社について】
「人々が働き、生活するためのフェアな場所を作る」という、ミッションのために2020年に設立された会社です。沖為工作室合同会社では、利用可能なすべてのネットワークを利用し、エマージングテクノロジーの領域において、迅速かつ信頼性の高い、最適な市場情報をご提供することに精進していきます。 英語表記ではChong Wei Gong Zuo Shi, LLCとなります。沖は中国語ではChongと発音し、突き進むという意味があります。困難にも恐れず突き進む者に為(Wei)るという意味と工作室(Gong Zuo Shi)は中国語でジブリスタジオなどのスタジオを意味し、市場のエンターテイナーになりたいという思いで会社名がつけられています。

【本件に関するお問合せ先】
沖為⼯作室合同会社
CEO:沖本真也 (Zhenye)
電話:050-5216-1908 メールアドレス:zhenye0903@chong-wei.com

ジャンル
調査・研究結果
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2020年 04月 09日
タグ
AR 市場 シェア スマートシティ マイクロLED

月別掲載数

お知らせ