無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

CSPay-グローバルなクロスボーダー決済システムの構築

CSPay Limitedのプレスリリース2020年 04月 04日

CSPayは、海外口座開設の難しさや高額な手数料、面倒なプロセス、時間がかかるなどのクロスボーダー決済についてユーザーが持っている悩みを解決し、自己構築のポイントツーポイント決済構造に基づいて、中小企業の皆様にワンストップソリューションのクロスボーダー決済を提供します。 現在、CSPayは中国、日本、韓国などの幅広い国をカバーしており、多くの投資家から支持を得ています。

CSPayは、グローバルなクロスボーダーサービスの提供を専門としています!より多くの加盟店をサポートできるように、グローバルサービスの新しいエコシステムとつながっているため、ユーザーは世界中でクオリティーの高いクロスボーダー決済サービスを利用できます。グローバルなクロスボーダー決済における主な役割として、CSPayは一定の通貨、価値、USDのアンカーとして機能します。1CSPayは1USDに相当し、ユーザーはBTCとCSTOからCSPayに変換することができます。そうすると、世界各地でCSPayに登録している加盟店で決済ができます。ユーザーはQRコードをスキャンするだけで、支払いは完了です!現在、CSPayは全世界で200以上の企業と契約していますので、CSPayユーザーの消費ニーズを満たすことができます!

このQRコードをスキャンするという一見簡単に見える決済は、実際にはそうではありません。この方法で決済するには完全な決済システムが必要です。中国国外の加盟店の決済はTTG社のシステム(Zipper)を介して行なわれます。また、中国国内では、云享会社のシステム(花錢唄・faqianbei)で行われます。TTG社は中国の深センで設立され、オーストラリアに上場しています。そして、云享会社は、中国の湖南省株洲市の国有資産監督管理委員会が株式の43%を保有している国営企業です。これら2つの企業のサービスを通じて、加盟店の権利と利益を万全に確保できCSPayユーザーに最高の利用体験を提供できるようになります。

ブロックチェーンを通じて世界中でクロスボーダー決済を行うという目標は、論理的には可能なようですが、実際に促進するのは簡単ではありません。どんなに良い物があってもそれを誰も認めず、使わなければ価値はありません。ですから、CSPayの戦略はCSTOをCSPayの唯一のトークンとして使用することです!また、度重なる審査を受けて、WeChat(ウィーチャット)とAlipay(アリペイ)から認可を取得したので、ユーザーはWeChatとAlipayを通じて、CSTOプラットフォームでOTCポイントツーポイントの取引ができます。確実なマーケティングプランで、ユーザーを素早く惹きつけ、コンセンサスを迅速に確立し、客動線をCSPayのプラットフォームに転送して消費できるようにすることで、加盟店は売上が増加し、ユーザーはチームボーナスを獲得し、企業はプラットフォームの収益を獲得し、相互にウィンウィンの状況を作り出すことができます!CSPayはグローバルなブロックチェーンアプリケーションエコシステムの構築に取り組んでいます。 これからは、ぜひ私たちと共にその発展を見守って下さい!

ジャンル
商品・サービス
業界
その他
掲載日
2020年 04月 04日
タグ
zipper CSPay CSWallet CSPayJapan faqianbei

月別掲載数

お知らせ