無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ジンコシーラー、中国浙江で7.5 GW電池と7 GWモジュールプロジェクトを建設

ジンコシーラージャパン株式会社のプレスリリース2020年 04月 06日

2020年3月26日、中国浙江省海寧市で重要工業プロジェクト竣工式、ジンコシーラー「二倍増」プロジェクト第一段階の2.5 GW電池、2 GWモジュールの竣工式、及び7.5 GW電池、7 GWモジュールのプロジェクトの契約式が行われた。

「二倍増」プロジェクトは2018年浙江省重要工業プロジェクトに組み入れられた。2018年4月3日に操業が始まり、2019年6月に段階的に生産が開始し、2020年第一四半期に終了した。フル生産の売上高は80億元と予想する。同契約式では、ジンコシーラーは、7.5 GW電池、7 GW高効率モジュールのプロジェクトを海寧で建設投資すると表明した。新規プロジェクトの総投資額は105億元で、フル生産の新規販売収入は160億元と見込んでいる。

日本初の年間出荷量がGWを超えた太陽光発電会社ジンコソーラー(NYSE:JKS)は世界で太陽光パネル大手企業として、日本での市場シェアが一位で、パネル出荷量は世界一を4年連続維持し、5年連続で中国の500強企業の一つである。2019年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが11.5GW、太陽電池が10.6GW、太陽光発電モジュールが16GWに達した。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが11.5GW、太陽電池が10.6GW、太陽光発電モジュールが16GWに達している。

ジンコソーラーは世界で7ヶ所の生産拠点があり、日本(2)、韓国、ベトナム、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア15の海外子会社を持ち、販売チームは中国、イギリス、フランス、スペイン、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、ヨルダン、ウジアラビア、チュニジア、モロッコ、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマ、カザフスタン、マレーシア、ミャンマー、スリランカ、タイ、タイ、ポーランドとアルゼンチンとに広がって、従業員が1万5,000人以上を雇用しております。

【セーフハーバーステートメント】
このプレスリリースには、1933年米国証券法のセクション27A(その改正を含む) 、1934年米国証券取引法のセクション21E(その改正を含む) 、1995年米国民事証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act)で規定されている、「将来予想に関する記述」が含まれています。将来予想に関する記述には、「予想」、「確信」、「見込み」、「期待」、「将来性」、「意図」、「計画」、「推定」のほか、これらの類義語を用いたものが含まれることがあります。こうした記述は、実際の業績や結果が、この記述と大きく異なる要因が存在するリスクと不確実性があります。これらおよびその他のリスクの詳細については、年次報告書フォーム20-FとJinkoSolarのパブリック・ファイリングに含まれています。このプレスリリースに記載のすべての情報は、法律によって要求される場合を除き、JinkoSolarは、このプレスリリースの原稿の提供するいかなる資料は発表日を切って有効で、いかなる将来見通しに関する記述を更新たり、公に改訂する義務を負わないものとします。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com

ジャンル
イベント
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2020年 04月 06日
タグ

月別掲載数

お知らせ