無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

「蒸し」のプロフェッショナル、日本茶専門店が作る新ランチ「季節野菜の蒸し御膳」 3月19日(木)より提供開始|日本茶茶房茶三楽

株式会社三楽のプレスリリース2020年 03月 18日

京都・嵐山の日本茶茶房茶三楽(株式会社三楽)では、日本全国の茶農家さんを巡って出逢った、高品質かつ希少な日本茶を提供しています。お茶と合わせてお出ししている食事やスイーツも、素材を活かしたやさしい味わいが好評です。

3月19日(木)より、新ランチセット「日本茶と楽しむ 季節野菜の蒸し御膳」を提供開始いたします。日本茶を世界のお茶の中でもユニークな存在にしているのは「蒸す」という加工法。収穫後の茶葉をすぐに蒸すことにより、お茶の葉そのものの味わい・香りを最大限に引き出します。そんな日本茶のスピリットともいえる「蒸し」にこだわった新ランチ。メインとなる蒸籠の中には、旬の春野菜の他、白身魚の桜餅風や蒸し鶏、さらには食べる茶葉など15種類以上の食材をご用意しました。もちろん厳選した日本茶付きでお楽しみいただけます。

~日本茶と楽しむ 季節野菜の蒸し御膳~

日本茶のスピリット
もともとは中国から日本に伝えられた緑茶ですが、歴史が下るにつれて日本人の好みや日本で育つ茶葉に合った独自の生産方法が生まれました。その一つが「蒸し」製法です。茶葉を収穫したあと、すぐに蒸気を当てることにより葉の酸化酵素の働きを止めます。茶農家さんたちもこの「蒸し」をとても大切にされていて、その日の茶葉の状態や天気、温度などを考慮しながら、蒸し機に通す時間を決めています。ある農家さんは、「美味しいお茶を淹れた後、急須の蓋を開けた時の香り」をイメージされて蒸し機のそばに立つとおっしゃっていました。ちょうどよく蒸された茶葉は、その味わいや香りが存分に引き出されています。

茶三楽では、お茶はもちろん提供している食事やデザートも、素材そのものの味わいを大切にしたいと考えております。では、日本茶のように「蒸し」にこだわったお料理を提供しよう生まれたメニューが、今回の新ランチ。メインとなる蒸籠の中には15種類以上の旬の食材が入っています。試作に試作を重ね、ひとつひとつの食材が主役と言えるような一品となりました。

まずは日本茶でほっこり
ランチのご注文をいただきましたら、まずは温かいお茶でおもてなしさせていただきます。お茶は、3種類の中からお選びいただき、スタッフが一服ずつ席でお茶を淹れさせていただきます。お茶を淹れるスタッフの美しい所作をご覧いただいたら、丁寧に淹れられたお茶の香りや味わい、またその余韻をゆっくりとお楽しみください。

季節野菜のせいろ蒸しとおばんざい
メインとなるせいろには、季節野菜の他、蒸し鶏、白身魚の桜餅風、さらには食べる茶葉等15種類以上の食材が入っています。せいろの蓋を開けると、色とりどりの野菜たちが目を楽しませてくれます。自家製のソースといっしょにお楽しみください。また、もうひとつのポイントは「食べる茶葉」。お茶の葉って食べられるの?と思われるかもしれませんが、上質な茶葉は苦味も少なく、お浸しのようにして召し上がっていただけます。茶葉自体を食べることで、より日本茶を身近に感じること間違いなしです。日本茶とそのスピリットをとことん楽しむことができる今回のメニュー。ぜひご賞味ください!

~メニュー内容~
2020年3月19日(木)より食数限定で提供開始

価格:1,350円(税別)
内容:日本茶、せいろ蒸し、自家製ごま豆腐、香の物、混ぜご飯
提供時間:11:30~14:00
※提供時間終了前でも品切れになる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。

日本茶茶房茶三楽
〒616-8384 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町7
JR山陰本線 嵯峨嵐山駅 徒歩5分 / 京福電気鉄道(嵐電):嵐山駅 徒歩4分
https://www.chasanraku.co.jp/
TEL 075-354-6533

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2020年 03月 18日
タグ
健康 野菜 嵐山 ランチ 日本茶

月別掲載数

お知らせ