無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

出荷量四年連続世界一のジンコシーラー  2019年出荷量、営収、粗利益は史上最高値

ジンコシーラージャパン株式会社のプレスリリース2020年 03月 17日

3月13日、ジンコシーラー(NYSE:JKS)は2019年12月31日現在の会計検査されぬ第4四半期と通期決算を発表した。決算によると、2019年通年の太陽光パネル出荷量は14.3GWと2018年に比べて25.6%増加し、太陽光発電業界の歴史で年間出荷の最高値であった。総収入は297.5億元(42.7億ドルに相当)で、2018年より18.8%伸びを記録した。年間粗利益率は18.3%で、2018年より4.3%増加した。年間粗利益は54.3億元(7.802億ドルに相当)で、2018年に比べて54.6%伸びた。非米ゼネラル会計準則の下で、2019年通年に普通株主に帰属する純利益は9.695億元(1.399億ドルに相当)で、2018年に比べて122.5%増加した。ジンコシーラーは2019年通年には素晴らしい業績を収められ、出荷量、営収、粗利益はいずれも過去最高を更新した。

粗利率の上昇、出荷量の顕著的な増加、及び棚卸資産に対する減損の減少により、ジンコシーラーは収益力が上向きになった。また、高効率単結晶ウェハの生産能力は大幅に向上し、OEM(オーイーエム)生産が減少し、ジンコシーラー高効率な生産能力構造一体化により、強力な収益性を示している。新型コロナウイルスの影響を受けたが、3月のフル生産の表現により、ジンコシーラーは依然として2020出荷量の18-20 GWと予想し、100%生産利用率で、短期的収益力は引き続き上昇する見込みである。

シリコンのコスト削減とモジュールの効率向上によって、ジンコシーラーは長期的競争力を持っている。生産拠点の楽山工場の生産能力は次第に上昇しつつあり、モジュールを薄く加工する技術進歩により、一体化コストを維持する。近日、ジンコシーラーはモジュールが変換効率24.8%と変換効率の22.49%で記録を更新した。製品の面では、各プロセス技術を改善させ、ジンコシーラーは製品競争力を維持している。出力475Wの「Tiger」シリーズモジュールは量産化になった同時に、生産量は毛利率「Cheetah」シリーズに相当する。市場は「Cheetah」への需要は来年まで続き、「Swan」の両面技術は2020年に貢献度がより高いと予想される。「Cheetah」に比べて、「Tiger」は性能コストに優れ、第二世代出力500W以上の「Tiger」に関する技術は、すでに試作段階に入り、来年上半期に量産可能になる。

ジンコシーラーは出荷量四年連続世界一の太陽光パネルメーカーとして、業界トップの研究開発力、高効率で革新的な製品、垂直統合コスト、及びグローバルマーケティングネットワークにより、出荷と利潤の増加速度は速くなり、太陽光発電業界のリーダーシップの地位を固める。

ジンコソーラー(JinkoSolar Holding Co., Ltd.)について:
ジンコソーラー(NYSE: JKS)は太陽光発電産業のグローバルリーダーです。ジンコソーラーは中国、米国、日本、ドイツ、英国、チリ、南アフリカ、インド、メキシコ、ブラジル、アラブ首長国連邦(UAE)、イタリア、スペイン、フランス、ベルギー、その他の諸国地域にあるさまざまな公益、商業、居住区顧客基盤に対し、自社ソーラー製品を供給し、自社ソリューションとサービスを提供、販売。ジンコソーラーは2019年12月31日時点で、垂直統合ソーラー製品バリューチェーンを構築して、生産能力につきまして、シリコンインゴットとウエハーが11.5GW、太陽電池が10.6GW、太陽光発電モジュールが16GWに達している。

ジンコソーラーは世界で6ヶ所の生産拠点があり、日本(2)シンガポール、インド、トルコ、ドイツ、イタリア、スイス、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、チリ、オーストラリア、南アフリカ、アラブ首長国連邦、15の海外子会社を持ち、販売チームはイギリス、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア、ヨルダン、サウジアラビア、南アフリカ、エジプト、モロッコ、加納、ケニア、南アフリカ、コスタリカ、コロンビア、パナマとアルゼンチンに広がって、従業員が1万2,000人以上を雇用しております。

〒104-0031東京都中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグラン9階
代表電話:03-6262-6009
FAX: 03-6262-3339
ホームページ:http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

ジャンル
経営情報
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2020年 03月 17日
タグ

月別掲載数

お知らせ