無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

小森邦彦&ストラスブール パーカッション グループ2020

小森邦彦&ストラスブール パーカッション グループ2020実行委員会のプレスリリース2020年 02月 28日

 国際的に活躍するマリンバ奏者の小森邦彦が、20年ぶりに来日する世界的打楽器合奏団「ストラスブール パーカッション グループ(PdS)」と共演し、現代音楽の最先端を届けるライブを開催します。チケットは3月14日(土)より発売です。
 PdSは1962年に結成。P.ブーレーズ、K.H.シュトックハウゼンら20世紀を代表する作曲家たちが彼らのために作品を書き、全世界に打楽器アンサンブル音楽を発信し続けています。幾度かのメンバーチェンジを経て、今回の第三世代メンバーによるトリオ編成では初来日となります。
小森は国内外の音楽祭に多数招かれソロ、室内楽、及び協奏曲の演奏を行い、マリンバ音楽の先駆者の一人として国際的に注目されています。
 今回は小森のソロ、PdS、そして両者による共演の3部構成という豪華プログラム。小森は委嘱初演した細川俊夫の作品などを、PdSは武満徹の名作や本公演のための委嘱新作を演奏。そして小森とPdSによる共演では、日本で注目を集める気鋭の作曲家・坂田直樹に委嘱した世界初演曲「木の中の森」をメインに多数のオリジナル作品を披露します。
 
【概要】小森邦彦&ストラスブール パーカッション
    グループ2020
日時:2020年5月14日(木) 午後7時開演
会場:長久手市文化の家 森のホール(愛知県長久手市)
出演:小森邦彦(マリンバ)
   ストラスブール パーカッション グループ
演奏曲:ロジャー・レイノルズ オータム・アイランド
    (小森)
    細川俊夫 想起(小森)
    岸野未利加 情熱の波(小森+PdS)
    アレハンドロ・ヴィニャオ アラベスコ
         インフィニート(小森+PdS)
    マウリーリオ・カッチャトーレ 委嘱新作
                   (PdS)
    マイケル・レヴィナス 委嘱新作(PdS)
    武満徹 雨の樹(PdS)
    坂田直樹 木の中の森(小森+PdS) 
     ※小森邦彦+PdS共同委嘱作品世界初演
料金:一般 ¥3,500/学生 ¥1,500(全席自由) 
      ※未就学児入場不可
チケット窓口 長久手市文化の家 0561-61-2888
        Nピア(アピタ長久手店1階)
         0561-63-9200(窓口販売のみ)
発売日 3月14日(土)
主催  小森邦彦&ストラスブール パーカッション
    グループ2020実行委員会
共催 有限会社小森企画
協力 長久手市/パール楽器製造株式会社/アダムス
マネジメント ミューズクリエイト
HP http://blog.livedoor.jp/komori_marimba/

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2020年 02月 28日
タグ
現代音楽 打楽器 マリンバ 小森邦彦 坂田直樹

月別掲載数

お知らせ