無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ADAS(先進運転支援システム)とAD(自動運転)のビックデータ取り扱い車両エッジコンピューティング用テスト・データレイクの予約販売開始

ポジティブワン株式会社のプレスリリース2020年 02月 26日

2020年2月26日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区)は、ADAS(先進運転支援システム)とAD(自動運転)のビックデータ取り扱い車両エッジコンピューティング用テスト・データレイクの予約販売開始いたします。

テスト車両で大量のデータを記録および保存するための急速に増加する要件を満たすために、新しいソリューションを提供します。ネットワークテクノロジーに基づくこのストレージユニットは、最大128Gbit/sの高い転送速度と最大240TByteの容量を可能にします。

データレイクは、大量の生データで構成されるビッグデータのストレージソリューションを表します。ますます高解像度のセンサーによって引き起こされる自動車用途のデータ転送速度の増加により、従来のデータストレージユニットは車両の要件を満たすことができなくなりました。未来志向のストレージソリューションの場合、サーバーテクノロジーを備えたデータセンターでよく知られている帯域幅と容量が必要です。このため、b-plusは独自の新しいベンチマーク設定ソリューションであるモバイルデータレイク「MDLake」を開発しました。テスト車両のアプリケーション向けの非常に強力なストレージで、最大8つの異なるデータソースから最大240TByteの大容量データを保存できます。

堅牢で車両に適したMDLakeにより、ADAS/ADエリアでのモバイルSANアプリケーション(ストレージエリアネットワーク)が可能になります。SANは、1つ以上のデータソースとシンクが存在できるデータストレージネットワークを表します。メモリは、それぞれの車両ロガーのオペレーティングシステムから完全に独立しています。サーバーセグメントRoCE v2のRDMAテクノロジーとそれに対応して最適化された伝送プロトコル(NVMe-oF)を組み合わせたMDLakeは、1つのソースから80Gbit/s、複数のソースで最大2x 64Gbit / sの伝送速度を実現します。この新しいクラスのデバイスにより、自動車の測定アーキテクチャの新しいマイルストーンが自動車セグメントに設定されました。

MDLakeは、センサー、測定技術マネージャー、または研究エンジニアの開発者に、2x100Gbit/s QSFP28インターフェイスを介してテスト車両の内蔵レコーダーとデータロガーを接続する可能性を提供します。これらのインターフェイスは、最大8台のデバイスで同時に使用でき、128Gbit / sの累積記録速度を提供します。さらに、6-32Vの自動車用電源を使用することで、車両のメモリを問題なく動作させることができます。この新しいデバイスクラスの評価用のMDLakeサンプルは、2020年4月に利用可能になります。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com/

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2020年 02月 26日
タグ
ビックデータ ADAS 自動車テスト 自動車テスト技法 ISO26262

月別掲載数

お知らせ