無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

東京大学 松尾研究室と介護施設向け AI 検知システム構築に関する共同研究を開始

社会福祉法人善光会のプレスリリース2020年 02月 21日

 この度、社会福祉法人善光会(住所:東京都大田区東糀谷6-4-17 TEL:03-5735-8080 理事長:梅田茂)サンタフェ総合研究所は、東京大学大学院 工学系研究科技術経営戦略学専攻 松尾豊教授の研究グループ(以 下「松尾研究」)、株式会社 Ollo(本社:東京都文京区、代表取締役 CEO: 川合健斗、以下「Ollo」)、株式会社 IGPI ビジネスア ナリティクス&インテリジェンス(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:川上登福、以下 「BAI」)、アイスタディ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中川博貴、以下「アイスタディ」)と、AI を用いた介護施設向け検知システム開発における連携を目的とし、共同研究を開始いたしました。

 

1. 共同研究の目的

 サンタフェ総合研究所は、法人が創設時より掲げる「オペレーションの模範となる」「業界の行く末を担う先導者になる」という理念のもと、施設運営やこれまでの先進的な取り組みによって蓄えられた知見を活かし、常に新しい挑戦を実施しています。

  本共同研究では、ディープラーニング技術や動画・画像解析などを得意とする松尾研究室の知見とアイスタディが創業時より企業向け LMS の開発で培った技術力を組み合わせて開発するシステムを、善光会が運営する複合福祉施設「サンタフェガーデンヒルズ」で導入・実証することによって、介護施設に入居するお客様の行動をAI によって認識・分析・予測し、転倒事故防止等に寄与できるシステムの開発に向けた共同研究を行います。

 具体的には、松尾研究室、Ollo、BAIの3者で連携し、介護現場の映像データを活用することで、お客様の転倒等の事故やその他の危険行動をディープラーニング技術等の AI 技術を用いて検知する研究・ 開発を行います。そして、アイスタディがそのAIを活用することで、AI 技術により検知されたお客様の事故や危険行動等を介護職員のスマートフォンへアラート通達し、職員がただちに駆けつけることが可能となるシステムを構築します。この共同研究には、介護業界における現状を知り、介護施設でのお客様の行動を細やかに把握している有識者が必要であることから、日本最大級の複合福祉施設を運営する善光会が全面的に実証協力、アドバイスを行い、研究が進められます。

 介護施設において、お客様一人ひとりの危険行動をリアルタイムに検知できるシステムを構築することで、介護職員はお客様の転倒、転落、離設やお客様同士でのトラブル等のリスクの検知と早期対応が可能となります。これにより、介護職員の業務負担軽減の実現、およびお客様の安全性の向上を図ることが可能となります。

 

2. 研究背景と概要

 お客様が介護施設で日々生活を送る中でも、転倒によるケガにより寝たきり状態となってしまう等、様々な危険が潜んでいると考えます。特に、リビング等の集合生活空間において、椅子からの立ち上がり時の転倒、車椅子からの転落、お客様同士の喧嘩等のリスクは、個人空間と比して増加するものですが、介護職員は常に複数のお客様の行動を認識し、万が一の事故発生時には迅速的確な業務対応が求められます。一方、日本は4 人に1人以上が高齢者という超高齢社会であって、かつ、その業務の困難さから、介護業界は慢性的な人手不足に悩まされており、介護職員一人あたりの業務負担増加は大きな課題として存在しております。

 そのような状況下において、介護職員がお客様一人ひとりの行動に対して、迅速的確な判断・対応を行えるよう、お客様の危険行動をリアルタイムに検知・予測し、介護職員に対して異常時に的確に通知する仕組みを提供することが、介護業界における課題解決の一助になると考えます。

 以上のような背景を踏まえ、本共同研究において善光会は、松尾研究室、アイスタディへの全面協力を行い、両者で介護施設におけるお客様の行動検知精度の向上に係り、AI に関する先進的な知見・技術を有している松尾研究室と、企業向け LMS サービスの開発技術を有しているアイスタディの知見を融合させ、1年間の研究成果として、介護施設向けAI検知システムサービスとして提供することを目指します。これまでの研究開発同様、単なる研究活動に留まらず、研究受託の中で培ったノウハウを業界へ展開し、介護保険事業を持続可能なものにするため、引き続き取り組みを継続してまいります。

 

◆社会福祉法人善光会 サンタフェ総合研究所について
 善光会では、平成25年に「介護業務負荷の軽減」、「介護サービスのアウトカムの創出」を目指した『介護ロボット研究室』を設置し、メーカー企業や関係省庁と連携しながら介護ロボットの自社開発・共同開発・実証研究に取り組んでまいりました。そして、高齢化や技術発展等の経営環境が著しく変化する状況下、前述のような様々な先進的な取り組みを行ってきた知見を集約して、福祉業界の関係者の皆様に効果的に活用していただくために、平成29年10月に『サンタフェ総合研究所(https://sfri.jp/)』を法人内に設立し各関係者の皆様へ向けた経営支援を実施しております。

社会福祉法人善光会 サンタフェ総合研究所 広報担当
TEL:03-5464-8841 E-mail : info@zenkoukai.jp

ジャンル
調査・研究結果
業界
美容・医療・健康
掲載日
2020年 02月 21日
タグ
東京大学 介護 AI 介護ロボット 松尾研究所

月別掲載数

お知らせ