無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

kintoneの導入を加速するためのサブスクリプション型SIサービス「gusuku Boostone」を開始

アールスリーインスティテュートのプレスリリース2020年 02月 20日

アールスリーインスティテュート(大阪府大阪市、代表取締役 西松顯)は、kintoneの導入を加速するためのサブスクリプション型SIサービス「gusuku Boostone」(グスク ブーストーン)を2020年3月2日よりお申込・事前ご相談開始、2020年4月よりサービス開始いたしますのでお知らせいたします。

■■ 「gusuku Boostone」開始の背景 ■■

サイボウズ株式会社のkintone(キントーン)は、2011年のサービス開始以降順調に契約者数を伸ばしており、業務システムを開発するプラットフォームとして、そして業務改善を行う基盤として広く認知されてきております。

また、「No-Code/Low-Code」と呼ばれる、「全くプログラムを書かず、書くとしても最小限でシステムを開発する」という流れが、世の中に広まりつつあり、kintoneはその一角を担うサービスとして重要性を増してきております。

こういった流れの中、弊社では「No-Code/Low-Code」を促進するために、通常ではJavaScriptによるプログラミングが必要なkintoneのカスタマイズをノーコードで行えるようにするサービス「gusuku Customine」を2018年9月にリリースし、順調にご契約をいただいております。

これは、従来SIerが担っていたシステム開発の主役がユーザー側に移ってきたことを意味しますが、弊社がgusuku Customineをご利用いただいている様々なお客様とお話をする中で、以下のような課題があることに気づきました。

kintoneでのシステム開発を担当されている方には1人で担当されている方が多く、誰にも相談できず、自分で作ったシステムが正しいのかどうかがわからない
「No-Code/Low-Code」で開発するとはいえ、ロジックを考える必要があることは同じで、そのロジック部分で困ってしまうケースがある
「No-Code/Low-Code」でなんでもできるわけではなく、非常に特殊なカスタマイズや外部システムとの密な連携などはコードを書く必要があり、そのためのスキルを持ち合わせていない

従来、弊社ではこのような課題に対するご要望には個別にお見積りし対応して参りましたが、より気軽に利用できる柔軟なサービスのご提供が必要であると考えるに至りました。

そこでこのような課題を解決するために基本はkintoneを使って自社のシステムを自ら開発されている方々に向けて弊社のエンジニアリングリソースをサブスクリプション型で利用でき必要なときに必要なサポートを得られるようにしたものが「gusuku Boostone」(グスク ブーストーン)です。

■■ 「gusuku Boostone」の詳細 ■■

5種類のプランをご用意しております。各プランごとにご提供するサポート内容が異なります。各プランの基本的な内容は以下の表の通りです。

(プラン表は画像を参照のこと)

■アドバイザリー
kintoneアプリの作り方、業務改善の方法、IT全般のご相談をお受けします

■JavaScript相談
JavaScriptカスタマイズもしくはgusuku Customineでのカスタマイズについてのご相談をお受けします。このサポート項目では、弊社では開発を行いません

■対面開発
kintoneアプリを対面開発します。Web会議でお話をお伺いしながら、弊社エンジニアがその場でkintoneアプリを作成します

■Customine対面開発
gusuku Customineを用いて、kintoneアプリのカスタマイズを行います。Web会議でお話をお伺いしながら、弊社エンジニアがその場でカスタマイズを作成します。

■JavaScript開発
JavaScriptでのカスタマイズや他システムとの連携プログラムを開発します。1〜2週間単位で実施する内容を決め開発を行います。提供できるリソースに限りがありますので、大規模な開発の場合は、本サービスでは対応できず、弊社のSIサービス(ハイスピードSI)のご利用をお願いすることがあります。

各プラン共通の注意事項は次の通りです。

● 1回のご契約で2ヶ月のご契約となります。1ヶ月ごとのご契約はできません
● 新規契約時、最初の2週間に課題や作成するシステムのゴールをまとめていただきます。この時点でお客様と弊社とでゴールが共有できない場合、2週間でお客様および弊社の双方からプランを解除できるものとします(その場合はご利用料金はいただきません)
● ご契約前に1時間のWeb会議によるご相談を承ります。この1時間でプランのおすすめをさせていただきます
● 契約の開始は、偶数月の最初の営業日となります。月途中での契約および奇数月の頭からのご契約はできません
● サブスクリプション型のサービスとなりますため、別途定める変更・解約期限までにお申し出のない場合は自動的に契約が更新されます
● 各プランの提供数には上限があるため、お申込みのタイミングによっては次のタイミングまでお待たせすることがあります
● その他詳細はご契約前にお渡しする注意事項をご覧ください

■■ よくある質問と回答 ■■

Q: やりたいことに対して、期間と費用の見積もりをもらうことはできますか?
A: gusuku Boostoneでは、期間と費用のお見積りを出すことはできません。ご契約前のご相談時に、およその目安を提示することは可能です。前提としてgusuku Boostoneは弊社のエンジニアリングパワーを一定期間ご利用いただくサービスですので、期間と費用をお約束して開発を請負うサービスではありませんのでご了承ください。期間と費用のお見積りが必要な場合は、gusuku Boostoneではなく、弊社のSIサービス(ハイスピードSI)としてお見積りいたしますので、お問い合わせください。

Q: 各プランで、エンジニアの時間をどれくらい提供してもらえるのでしょうか?
A: gusuku Boostoneにご契約をいただくと、御社をメインで担当するエンジニアをアサインしますが、アサインされたエンジニアだけで御社の課題を解決するのではなく、弊社のエンジニア全員の知見を結集して解決にあたります。そのため、アサインされたエンジニアの提供時間を明示することはできません。

Q: 1つのプランを複数同時に契約することは可能ですか?
A: プランDもしくはEに限り、複数同時にご契約いただくことが可能です。

Q: 相談したときの回答までの時間はどれくらいですか?
A: 通常1営業日中には初期回答をすることを目標としておりますが、内容によってはお待たせすることがある可能性がありますのでご了承ください。なお、回答の優先順位は上位プランの方が高くなっております。

Q: 月に何回相談できますか?
A: 特に回数の制限は設けておりませんが、ご相談についてはたくさんのお客様で弊社のエンジニアの時間をシェアしていただく形になるため、概ね週1〜2トピックのご相談を超える場合は、回答をお待ちいただく可能性があります。

Q: 急いでいるので月途中もしくは奇数月から開始したいのですが・・・
A: gusuku Boostoneは、すべてを2ヶ月周期でコントロールすることによりできるだけ安価にご提供できるようにしております。月途中あるいは奇数月からの開始を希望される場合は弊社のSIサービス(ハイスピードSI)としてお見積りいたしますので、お問い合わせください。

Q: gusuku Boostoneを利用するには、gusuku Customineの契約が必要でしょうか?
A: gusuku Boostoneは、それ単体でご利用いただくことができます。ただし、gusuku Customineをご利用いただいていない場合は、「Customine開発」はご提供できません。また、それによる利用料の減額もありません。

Q: Web会議は苦手なので、来てもらうかR3のオフィスで打ち合わせを実施できませんか?
A: 弊社はリモートワークを推進しており、全国にメンバーが分散しております。gusuku Boostoneでお客様にアサインされるメンバーも全国に分散しているため、決まった場所での打ち合わせはご遠慮いただいております。Web会議が不可能なお客様は、弊社のSIサービス(ハイスピードSI)のご利用をご検討ください。

Q: 以前お世話になった◯◯さんをアサインしてほしいのですが・・・
A: gusuku Boostoneでは、アサインするメンバーの指名はご遠慮いただいております。しかし、御社の課題に対しては弊社のエンジニア全員の知見を結集して解決にあたりますのでご安心ください。

Q: 通常の準委任契約でのエンジニア提供と何が違うのですか?
A: 通常の準委任契約では、特定のメンバーの一定時間を提供する形でサービスが提供されます。gusuku Boostoneでは、弊社に所属する3名のサイボウズ公認kintoneエバンジェリストをはじめ、のべ40人を超えるkintone認定資格取得者の集合知としてサービスをご提供します。そのため、通常の準委任契約でのエンジニア提供とは異なる形でサービスを提供しております。

■■ 「gusuku Boostone」ご利用の流れ ■■

(ご利用の流れは画像を参照のこと)

■■ 「gusuku Customine導入サポート」の廃止について ■■

gusuku Boostoneのリリースに伴い、gusuku Customineの導入時のアドバイザリーサービスとしてご提供しておりました「gusuku Customine導入サポート」はご提供を終了させていただきます。

■■ アールスリーインスティテュートについて ■■

アールスリーインスティテュートは、2000年の創業以来、数々のお客様にシステムを利用した問題解決をご提供して参りました。現在は、キントーンやAWSといったクラウドを用いて従来よりもスピーディにシステムをご提供するサービスを「ハイスピードSI」としてご提供しております。

また、キントーン開発に関する膨大な知見をベースに、キントーンをより便利にする「gusukuシリーズ」を SaaS(Software as a Service) としてご提供しております。
https://www.r3it.com/

■■ 本件についてのお問い合わせ ■■

アールスリーインスティテュート
TEL: 06-6271-3663
Mail: butler@gusuku.io
担当: 池上、西島、金春(こんぱる)

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2020年 02月 20日
タグ
Kintone キントーン gusuku グスク boostone

月別掲載数

お知らせ