無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

転職エージェントを利用して不快な思いやイラっとすることを言われた経験のある方が77%

株式会社インテグラルベースのプレスリリース2020年 02月 03日

転職・キャリアに関する情報を配信する「士業JOB(https://shigyou-job.jp/)」は、この度20代~40代までのを対象に「転職エージェント利用」に関する意識調査アンケートを実施しましたので結果をお届けします。
よく転職エージェントのサイトを見ていると「転職満足度〇〇%!」や「丁寧なサポート」等を売りにしている記載を見かけます。
ただ、一方で転職希望者に話を聞くと満足できなかったという話や失礼なことを言われたという話も良く聞きます。
実際のところどうなのか、具体的にどのような対応をされたのか、どのようなことを言われたのか、過去に転職エージェントを利用したことのある方を対象に調査してみました。
(※調査方法:インターネットリサーチ、調査対象:20歳~49歳までの男女127人、調査日:2019年1月15日~1月25日)

■転職エージェントの方に何かしら不快だと感じることを言われた経験のある方が70%強

まず初めに過去に転職エージェントを利用して不快な思いをしたことがあるかどうか聞いて見ました。

不快な思いやイラっとすることを言われた経験が、
ある:77%
ない:23%

という結果になりました。

あると答えた方の意見として、
「バカにされたように感じた、上から目線の物言いに感じた」
「モラハラや差別的発言に近いことを言われたと感じた」
「希望を無視して勝手に面接をセッティングされた」
「今いる業界は嫌だと伝えているのに同じ業界の求人ばかり紹介してくる」
「業界について全く理解していない人が担当になってトンチンカンなことばかり言ってくる」
「応募や入社を急かされる」

といったような内容のものがあがりました。

エージェント側の対応については、新卒が転職面談で対応しているケースも多く、ビジネスマナーがなっていないケースもあることから、そうしたスキル不足や知識不足によって相手を不快にさせてしまうケースも多くみられます。
時には求職者に対して厳しい内容を伝えなければならないとは思いますが、そうした伝え方やコミュニケーションのスキルの不足により相手に嫌な思いをさせてしまうこともあるように感じます。

また、社会人経験の浅い方がエージェントとして働いていることも多いので、各業界に関する知識が不足しているケースも目立ちます。

どこのエージェント会社にも良い人、良くない人それぞれ在籍しており、個人性が強い職業だなと感じており、良い人にあたるかどうかがポイントだったりします。

また、エージェント側もかなり忙しく、一人ひとりに丁寧に時間がかけられないといったケースや忙しさからミスが出てしまうことやエージェント自身にも売上目標等があり、求職者の方が入社しないと売上にならないことから、そうした焦りから来るコミュニケーションの問題もあるようでした。

一方で、無いと答えた方のコメントを見てみると、
「自分が求めている情報をしっかり的確に提供してくれた」
「親身に相談にのってくれてとても助かった」
「こちらの希望を組みつつも経歴を元にしっかりとキャリアの提案してくれるのが良かった」
「転職のサポート(応募書類の書き方や日程調整等)が素晴らしかった」
「厳しいことも言われましたが最後までしっかりサポートしてくれて為になった」

といった内容のものがあがりました。

数値としては嫌な思いをした方が多い結果になっているのですが、別の担当者は良かったというケースも多いです。
誰が対応してくれるのかによって大きく差が出ますし、人と人のコミュニケーションなのでスキル以外の単純な相性の問題もあります。
きめ細かな対応を良いと感じる方もいればしつこいと感じる方もいらっしゃるので、何を重視するかによっても変わってくるでしょう。

エージェントに所属する担当者自身も得意・不得意がありますし、もし担当になったエージェントの方と合わないなと感じたら変更してもらうのも一つの手かもしれません。

転職は人生の転機の一つといっても過言ではありませんので、悔いのないようにするのが良いでしょう。

■本調査の詳細や各種コメントは以下よりご確認ください。
https://shigyou-job.jp/2020/02/03/4925/

■本件に関するお問い合わせ先
士業JOB運営事務局
https://shigyou-job.jp/contact/

ジャンル
調査・研究結果
業界
教育・資格・人材
掲載日
2020年 02月 03日
タグ
転職 転職エージェント

月別掲載数

お知らせ