無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」が 返済不要の「はばたき奨学金」の奨学生に55名を内定、 3月30日に贈呈式が開催されます

公益財団法人パブリックリソース財団のプレスリリース2020年 01月 28日

『「魚沼の未来基金」は、塩沢信用組合がパブリックリソース財団と協働し、2016年に創設。魚沼地域のひとり親世帯の高校生を対象に、返済不要の「はばたき奨学金」を給付しています。第4期となる来年度の奨学生に55名が内定されました。』

公益財団法人パブリックリソース財団(所在地:東京都中央区、理事長:久住 剛)は、「魚沼の未来基金 第四期はばたき奨学金」の奨学生55名を内定。奨学金贈呈式を、2020年3月30日(月)に開催することをお知らせいたします。

▼ 「魚沼の未来基金」案内ページ:http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_10/index.html

■新潟県魚沼地域の子どもたちを返済不要の「はばたき奨学金」を通して支援
 「魚沼の未来基金」は、塩沢信用組合(所在地:新潟県南魚沼市、理事長:小野澤一成)がパブリックリソース財団と協働して2016年9月に創設しました。魚沼地域の未来を切り拓く人材や団体を支援し、地域の誰もが生き生きと暮らせるふるさと魚沼を、将来にわたって継承・発展させることが目的です。
信用組合が単独で奨学金を助成する社会貢献活動は、過去にも他事例がありましたが、信用組合が組合員に呼びかけて寄付を募り共に地域に貢献するといった、金融機関が「社会貢献のプラットフォーム」を提供する取り組みは、本基金が全国初です。
 現在は、魚沼地域のひとり親世帯の高校生に対して返済金不要の奨学金「はばたき奨学金」の給付を実施しています。2017年3月から現在までに延べ110人に給付しました(月額5,000円、新1年生の場合は別途入学準備金3万5,000円)。第四期を迎える2020年度は、1月27日の審査会で55名が奨学生として内定されました。

■「はばたきOB・OG会」の発足
 本基金は2017年度より奨学金の給付を実施し、2019年度に初めて高校を卒業する奨学生が誕生します。2020年度より、高校を卒業する奨学生による「はばたきOB・OG会」を発足します。卒業後、いろいろな進路に進む元奨学生と基金がゆるやかにつながり、今後もなにかしらの支援を可能にするとともに、元奨学生同士の交流、奨学生に対するロールモデルとしての関わり等を目的とするものです。

■「はばたき奨学金」贈呈式を3月30日に開催
 来たる2020年3月30日(月)に奨学金贈呈式を開催いたします。また、当日は「はばたきOB・OG会」発足式も同時に行います。

<魚沼の未来基金 第四期はばたき奨学金贈呈式 開催概要>
【日 時】2020年3月30日(月)午前10時00分~12時00分
【会 場】塩沢公民館 講堂
(新潟県南魚沼市塩沢608-1)
【内 容】
・はばたき奨学金贈呈式
  奨学金、認定書の贈呈
  奨学生代表の言葉
・OB・OG会発足式
  OB・OG会の説明
  OB・OGによる今後の抱負発表
・記者会見(OB・OGの出席も予定しています)
【参加申し込み方法】
ご参加を希望されるマスメディア・報道関係者の方は、大変恐れ入りますが、下記までEメールまたは電話でお申し込みください。
パブリックリソース財団(担当:渡辺、田中)
Eメール:watanabe.yu@public.or.jp
電話:03-5540-6256
 ※本贈呈式は、奨学生の個人情報保護の観点より一般の方はご参加いただけません。

<公益財団法人パブリックリソース財団について>
所在地:〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25 ライオンズマンション鉄砲洲第3 202
代表者:代表理事・理事長 久住 剛
設立:2000年1月(特定非営利活動法人として設立)
電話番号:03-5540-6256
URL:http://www.public.or.jp
事業内容:・資金等を募り、管理・活用する事業・企業の社会貢献活動の支援・社会的活動を行うNPO等に対する研修事業・調査研究、情報発信、政策提言に関する事業

▼ お問い合わせ先
公益財団法人パブリックリソース財団
担当者名:渡辺、田中
TEL:03-5540-6256
Email:watanabe.yu@public.or.jp

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2020年 01月 28日
タグ
新潟 奨学金 ひとり親 子どもの貧困 魚沼

月別掲載数

お知らせ