無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

アットホームの不動産情報流通プラットフォーム「ATBB」に当社AIチャットボット『OKBIZ. for AI Chatbot』の提供を開始

株式会社オウケイウェイヴのプレスリリース2020年 01月 23日

アットホーム加盟店の利便性向上と業務効率化に寄与
https://okwave.co.jp/business/service/okbiz-ai-chatbot/

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)を運営する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:松田 元)は、アットホーム株式会社(所在地:東京都大田区、代表取締役社長:鶴森 康史、以下、アットホーム)の不動産情報流通プラットフォーム「ATBB(アットビービー)(不動産業務総合支援サイト)」を利用するアットホーム加盟店のお問い合わせにスムーズに回答を提示することで利便性の向上と業務効率化に寄与するAIチャットボット『OKBIZ. for AI Chatbot』の提供を2020年1月29日(水)より開始します。

『OKBIZ. for AI Chatbot』は当社独自開発のAI「KONAN」(※1)を搭載し、回答を自動で提示するAIチャットボットです。このたびのアットホームの「ATBB」への導入においては、アットホーム加盟店からのお問い合わせの約40%を占める物件情報の登録・公開に関する質問に対し、AIチャットボットが自動回答を行います。入力された単語のみならず文章でのお問い合わせであっても自動応答ができ、「ATBB」を利用するアットホーム加盟店は24時間365日いつでも素早く簡単に必要な情報にたどり着くことができます。
また、入力された質問内容から回答が絞りきれない場合には、AIが独自の「聞き返し」を行い、入力した内容に関連する語句を自動的にサジェスト(示唆)します。アットホーム加盟店は、AIチャットボットがサジェストする選択肢からも回答の絞り込みができ、質問の入力の手間そのものも軽減できます。
なお、『OKBIZ. for AI Chatbot』は、AIチャットボットによる回答のデータベースとなる当社のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ」にて追加・更新されるFAQデータを随時AIが自律的に機械学習することに加え、FAQに関連する単語もあわせて自動的に機械学習する「インテリジェンスラーニング」機能を搭載しています。そのためアットホームではAIチャットボットの運用の際に課題と言われている回答データベースの二重管理や、回答シナリオの設定、自社でのチューニングといったメンテナンスを行うことなく、手軽に導入・運用ができます。

当社は今後もQ&Aを土台にAIをはじめとする最先端の技術を積極的に開発し、世界の発展や産業振興に寄与する製品サービスを提供していきます。

※1 AI「KONAN」は、当社が運営するQ&Aサイト「OKWAVE」に蓄積した3,700万件以上の「質問」と「回答」にて構成された様々なジャンルのQ&Aデータを、日米で取得した特許技術(特許番号 第5885689号)をはじめとする当社独自の技術を用いて機械学習し、一般的な単語の関連性や様々な言い回し、悩みと解決策の関連性を知識化して保持しています。

■株式会社オウケイウェイヴについて https://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE(https://okwave.jp)」を2000年1月より運営しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基にした、大手企業、自治体の600サイト以上が導入する国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support(https://www.okwave.co.jp/business/service/biz-faq-helpdesk/)」や、顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support(https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-cs/)」、顧客サポートAIソリューション「OKBIZ. for AI Chatbot(https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-ai-chatbot/)」などを提供しています。2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。今後は、AI、ブロックチェーン、情報セキュリティの各技術を組み合わせて、感謝されている人がより報われる社会を目指す「感謝経済」プラットフォーム(https://thanks-economy.com/)の拡大に向けたサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2020年 01月 23日
タグ
サポート 不動産 業務効率化 AI チャットボット

月別掲載数

お知らせ