無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

サポートソリューション「OKBIZ.」シリーズにてBI連携オプション『アドバンスレポート』の提供を開始

株式会社オウケイウェイヴのプレスリリース2020年 01月 21日

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」(https://okwave.jp)を運営する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都港区、代表取締役社長:松田 元)は、当社が開発・販売するFAQシステムやAIチャットボットなどのサポートソリューション「OKBIZ.」シリーズにて、複数のレポートデータを視覚的に分かりやすく表示し、業務効率化とCS(顧客満足度)向上に寄与するBI(ビジネスインテリジェンス ※1)連携オプション『アドバンスレポート』の提供を2020年1月21日より開始しました。

https://www.okwave.co.jp/business/service/

このたび提供を開始した『アドバンスレポート』は、「OKBIZ.」シリーズ各製品の管理画面上でそれぞれに利用できる各種レポートを、BI連携により統合したダッシュボード(※2)上に表示・活用できるオプション機能です。ダッシュボード上で複数の数値データを自動的にグラフ化するなど視覚的に分かりやすくレポート表示できます。これにより、「OKBIZ.」シリーズの各コンテンツの利用傾向を簡単に把握することができます。
とくに、これまでは別製品であるため個別にレポートデータを出力して二次加工する必要があった、FAQとAIチャットボットの比較も、『アドバンスレポート』を通じて、ダッシュボード上に並べて分析することができます。
ダッシュボード上には、「OKBIZ.」シリーズの既存利用企業で主要KPIとして使用頻度が高い、FAQ解決率、0件ヒット率(※3)、および その前年対比などのレポート出力をプリセットしているため、導入後すぐに活用することができます。
さらに、ダッシュボード上で気になる傾向を見つけた時には「インサイト機能」を使って自動分析を行うことができます。「インサイト機能」はデータの傾向や変化の背景について、統計的に最も関連性の高いデータを自動判別して取得し、その分析結果を自動的に表示します。
また、『アドバンスレポート』は「OKBIZ.」シリーズのデータだけでなく、アクセス解析ツール「Google Analytics」と連携してダッシュボードに表示させることができます。これにより、「OKBIZ.」シリーズのみを使用するサポート部門の担当者でも、コーポレートサイトや商品サイト、ランディングページなどの自社Webサイトの情報と合わせ、より多角的な分析ができるようになります。

『アドバンスレポート』は、本リリースにおいては「OKBIZ.」シリーズのFAQシステム「OKBIZ. for FAQ」とAIチャットボット「OKBIZ. for AI Chatbot」のデータ連携に対応します。今後、ダッシュボード表示できるレポートの追加や、その他の「OKBIZ.」シリーズ製品とのデータ連携も予定しています。

当社は、企業とその顧客のより良い関係の構築のためにQ&AをベースとしたITを活用した先進的なサポートソリューションを今後も提供していく考えです。

※1 BI(Business Intelligence/ビジネスインテリジェンス)とは、企業などの組織内に点在するデータを、収集・蓄積・分析・報告することで、経営上などの意思決定に役立てる手法や技術を指します。BIツールはこれらを自動的に実施し、意思決定を支援するツールです。

※2 ダッシュボードとは、自動車の運転席前の内装部品全体を指す言葉ですが、ここに速度計や燃料計、走行距離計などの計器類が視覚的に配置されていることになぞらえて、複数のデータソースを集め、視覚的に一覧表示する機能や画面のことを称します。

※3 0件ヒットとは、FAQサイトにてサイト内検索を行った際に入力したキーワードに対し1件もFAQがない状態を言います。サポートコンテンツを探す利用者に必要な情報を提供できていない、または見つけにくい状態にあると判断する指標の一つとなります。

■株式会社オウケイウェイヴについて https://www.okwave.co.jp/
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指し、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE(https://okwave.jp)」を2000年1月より運営しています。法人向けには、「OKWAVE」の運営ノウハウを基にした、大手企業、自治体の600サイト以上が導入する国内シェアNo.1のFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support(https://www.okwave.co.jp/business/service/biz-faq-helpdesk/)」や、顧客参加型サポートコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support(https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-cs/)」、顧客サポートAIソリューション「OKBIZ. for AI Chatbot(https://www.okwave.co.jp/business/service/okbiz-ai-chatbot/)」などを提供しています。2006年6月に株式上場(証券コード:3808)。今後は、AI、ブロックチェーン、情報セキュリティの各技術を組み合わせて、感謝されている人がより報われる社会を目指す「感謝経済」プラットフォーム(https://thanks-economy.com/)の拡大に向けたサービスを提供していきます。

※記載された商品名、製品名は各社の登録商標または商標です。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2020年 01月 21日
タグ
サポート BI 分析 FAQ チャットボット

月別掲載数

お知らせ