無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

唐沢農機サービス、社員採用に「夢追い枠」を設置 プロ・セミプロ目指す夢追い人を応援、スポンサー契約も視野に

株式会社唐沢農機サービスのプレスリリース2019年 12月 18日

 株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)では、働き方改革に関する取り組みの一つとして、2019年12月から採用制度に「夢追い枠」を設けました。スポーツや芸術活動などで将来的にプロ・セミプロを目指す人たちは、「夢追い枠採用」の特権として自身の勤務形態を自由に決めることができるよう、会社として最大限の支援をしていきます。活動が軌道に乗った暁にはスポンサー企業としての契約も視野に入れ、「夢」を優先する価値観と柔軟な働き方を後押ししていきます。

▼「夢追い枠」について(当社ブログより)
https://wp.me/paq7TV-1Vs

【働き方改革における価値観の変化に対応した新採用制度】
 近年「働き方改革」により、世間では残業を無くし生産性を向上させる働き方や、働き手数の向上を目的に、育児中で仕事ができない方などに自分のペースで働ける環境を作ったりする動きが広まっています。
 かつての日本では遅くまで働いて多くのお金を稼ぐことが美徳とされていましたが、最近では自分の夢や趣味・余暇の時間を確保するために、求人の募集要項が「残業なし」であることを重視している方も少なくありません。
 当社では、そんな「夢」を重視した柔軟な勤務形態を前面に打ち出した採用制度「夢追い枠」を開始します。当社では、プライベートが充実しているから仕事も頑張れるという環境は不可欠と考えています。「夢追い枠」を通じて当社の仲間となっていただきながら、QOL(quality of life)向上を目指す新しい働き方を実践していただけます。

【将来的なスポンサー契約も視野に採用を実施】
 夢を実現し、好きなことでマネタイズしたい。そんな「夢追い人」の中には、将来的には「プロ〇〇選手」を目指している方もいらっしゃいます。しかしながら、現実的には生活の糧を得るために“好きではないこと”を仕事としなければならないケースも多く存在します。
 今回の「夢追い枠」においては、将来的に採用スタッフとの間でスポンサー契約を行うことも視野に入れています。当社がスポンサーとなってスタッフの活動を援助、スタッフは活動に専念する代わりに当社の看板を背負うといった具合です。
 詳細な条件や勤務形態は要相談となりますので、リクルートサイトから問い合わせいただくか、会社説明会などで直接ご質問ください。

▼唐沢農機サービスリクルートサイト
https://recruit.karasawanouki.co.jp/

【本件の問合せ先】
 株式会社唐沢農機サービス
  担当:山本
  電話:0268-62-5262  メールアドレス: info@karasawanouki.co.jp

【株式会社唐沢農機サービスについて】
 商号:株式会社唐沢農機サービス
 代表取締役社長:唐澤 健之
 本社住所:〒389-0502 長野県東御市鞍掛846-1
 事業内容:・新品農業機械販売・中古農業機械販売・農業機械修理
      ・農業機械再生・コイン精米機運営・インターネット事業
     (WEBコンサルティング、WEBマーケティング支援、WEBショップ運営)
   ・農産物生産・農産物販売・輸出事業 
 ウェブサイト:https://www.karasawanouki.co.jp/

ジャンル
経営情報
業界
その他
掲載日
2019年 12月 18日
タグ
労務 人事 採用 ワークライフバランス 働き方改革

月別掲載数

お知らせ