無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

デッキプレート合成スラブ躯体防水の品質向上を図る『CSスペーサー』

株式会社 アストンのプレスリリース2019年 12月 17日

アストン社では、ひび割れ拡大防止筋に使用することでひび割れを防止する資材「CSスペーサー」の利用を提案しています。

【CSスペーサー開発の経緯】

躯体防水実態調査委員会が実施した実態調査(自走式駐車場)の結果、ひび割れの幅が0.2㎜以上の箇所では、ひび割れ拡大防止筋が所定の位置より極端に下方にある事が確認されました。
施工工程を確認すると、鉄筋検査時には定位置にあるひび割れ拡大防止筋が、コンクリートの打設時に作業員の動きやポンプ車のホースの荷重や振動によってスペーサーが外れることや、コンクリートにスペーサーが流され移動して外れることなどが原因で、ひび割れ拡大防止筋がデッキプレートに接する位置まで下がっていることが確認できました。デッキプレート合成スラブ躯体防水の品質向上には安価で良好なスペーサーが不可欠となり、開発するに至りました。

【CSスペーサーの性能】

CSスペーサーは、コンクリート打設時の作業員やポンプ車の配管の荷重に耐え(1個当たり500kgの耐荷重性)、激しい作業時でも受け溝の部分が溶接金網をしっかり保持し、外れない形状です。また、材質の熱膨張係数がコンクリートに近く、打設時の充填を妨げないコンクリートと一体化しやすい形状です。

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2019年 12月 17日
タグ
コンクリート デッキプレート 合成スラブ ひび割れ防止 躯体防水

月別掲載数

お知らせ