無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

「大学教育のミライ:オープンエデュケーションのその先へ」2019年11月20日開催

慶應義塾大学のプレスリリース2019年 11月 13日

この度、慶應義塾大学DMC統合研究センターでは、MOOC(※1)を中心に
オンライン教育の未来について議論する小さなシンポジウムを開催いたします。

慶應義塾大学は、2016年より、FutureLearn(※1)に参加しオンラインコースを開講しています。

セッションでは、Keio-FutureLearn チームからの経験の共有に加え、
東京大学と東京工業大学からゲストをお迎えして、edX(※3) や coursera(※4) でのオンラインコース開発の課題や可能性についてお伺いします。

また、慶應大学が開講している文化財を中心にしたコースの経験から、
日本にある多様な文化財を世界に発信するオンラインコースの意義と可能性について、専門家と議論していきます。
デモ展示では FutureLearn のオンラインコース開発の挑戦と成果をご覧いただきながら、自由な交流会を企画しています。

詳細は、Webをご覧いただき、ぜひお気軽にご参加ください!

プログラムと申込みはこちらから
http://www.dmc.keio.ac.jp/symposium/2019.html
 
       記

慶應義塾大学DMC統合研究センターシンポジウム
「大学教育のミライ:オープンエデュケーションのその先へ」

主  催:慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ(DMC)統合研究センター
開催日時:2019年11月20日(水)14:00~19:00(含・交流会)
(プレイベント:12:30~13:45 ラーニングデザインワークショップ)
開催場所:慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎2F大会議室

※1)MOOC: Massive Open Online Courses (大規模オープンオンラインコース)
※2)FutureLearn: 英国に本部を置くオンラインコースプラットフォーム
https://www.futurelearn.com/
※3)edX: 米国 MITとハーバード大学が中心となって創設したオンラインコースプラットフォーム
 https://www.edx.org/
※4)Coursera:米国スタンフォードの教授が中心に創設したオンラインコースプラットフォーム
 https://www.coursera.org/

ジャンル
イベント
業界
教育・資格・人材
掲載日
2019年 11月 13日
タグ
MOOC オープンエデュケーション 大学教育 FutureLearn オンラインコース開発

月別掲載数

お知らせ