無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

仏壇職人と截金師がコラボレーション、日本の職人技が凝縮したウッドジュエリー「KASANEGI」

株式会社hitoeのプレスリリース2019年 10月 30日

東京都が指定する伝統的工芸品、東京唐木仏壇の伝統工芸士と截金師がデザインユニットhitoeと協業して独自開発した、黒檀や紫檀などの稀少な銘木を用いてつくられた「KASANEGI」。素材はどれも伝統の唐木仏壇などに使われるもので、黒色の深みのある色合いと明るい色がコントラスを魅せます。切り出したときの鋭いエッジは洗練されたデザインと伝統の深みを感じさせます。「KASANEGI」は邪気を払うといわれる黒檀や紫檀、さらに明るい木調のツゲやケヤキなどをそれを薄さ1mmまでスライス、「練り」という伝統技法で一枚一枚重ねて貼り合わせアクセサリーの部材をつくりあげていきます。黒檀・紫檀をはじめ、様々な木を組み合わせ重ねていくことで木層の美しいコントラストが創られ、「KASANEGI」の名前の通り印象的な木の表情を醸します。さらに髪の毛ほどのコンマ数mmに切った金箔を一枚ずつ張る、超微細加工「截金(きりがね)」と呼ばれる伝統装飾の技巧で、金箔があしらわれています。

ジャンル
商品・サービス
業界
ファッション
掲載日
2019年 10月 30日
タグ
ジュエリー 伝統 大人 アクセサリー 日本美

月別掲載数

お知らせ