無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

4チャンネルアナログ入力温度PT100/CANopen付き熱電対-uCAN.4.ti-BOXの販売開始

ポジティブワン株式会社のプレスリリース2019年 10月 19日

2019年10月18日、ポジティブワン株式会社(本社:東京都渋谷区、支店:兵庫県神戸市)は、「4チャンネルアナログ入力温度PT100/CANopen付き熱電対-uCAN.4.ti-BOX」の販売を開始いたします。

◆ 4チャンネルアナログ入力温度PT100 / CANopen付き熱電対-uCAN.4.ti-BOX
uCAN.4.ti-BOXには、温度センサーを測定するための4つの入力があります。抵抗センサーと熱電対の信号は、合計サンプリング・レート400 Hzで取得できます。センサー信号は、堅牢なダイキャストケーシング内で評価および線形化されます。CANインタフェースは、 CANopenの利用及びSAE J1939プロトコルをサポートしています。

◆ 特徴
uCAN.4.ti-BOXは温度センサーの測定値をデジタル化し、これらの値を0.1の分解能で「摂氏」で提供します。モジュールのアドレスとビットレートは、ディップスイッチまたはCANバス(LSS、CiA 305)で調整できます。自動ビットレート検出もサポートされています。

・ CANプロトコル:CANopen CiA 404
・ ダイキャストアルミニウムケーシング、保護クラスIP66
・ 2つの2色LEDによるデバイスの状態とエラーの表示
・ センサーの破損と短絡の検出
・ 統合された冷接点補償(熱電対)
・ 2/3/4線センサー(抵抗センサー)の接続

◆ 接続性
最大4つの測定センサーをモジュールに接続でき、センサータイプはCANバス経由で選択されます。センサーのタイプを選択すると、熱電対の冷接点補償が自動的に有効になります。

・ 白金温度センサー(Pt100、Pt500、Pt1000)
・ 熱電対(タイプJ、K、L、T)

◆ コミュニケーション
uCAN.4.ti-BOXのデジタル化された温度値は、CANバス経由で送信されます。CANバスインターフェイスのビットレートは、50 kBit/s~1 MBit/sの範囲内で調整可能です。終端抵抗は、デバイスのスイッチを介してアクティブにできます。モジュールのCANopenプロトコルは、CANopen規格CiA 301、CiA 305およびCiA 404に準拠しています。11ビット識別子(CAN 2.0A)と29ビット識別子(CAN 2.0B)の両方をプロセスデータで使用できます。

◆ 製品
(1) uCAN.4.ti-BOX
CANopenを備えた4チャンネル熱データ収集モジュール、J、K、N、T型熱電対の信号収集、Pt100、PT500およびPt1000、16ビット解像度、メトリックケーブルグランド用に設計、ネジ端子を介した接続。
(2)uCAN.4.ti-BOX /サーモタイプK /サブDのCANopenによる4チャンネル熱データ収集、サーモプラグインコネクタタイプK、CANおよびサブD 9極コネクタを介した電源による信号収集。
(3)CANopenデバイス用のμCAN.open.ER構成ツール(無料ダウンロード)。
(4)4チャンネルフィールドモジュール用のメトリックケーブル取り付けキット。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
所在地 〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館 22F

URL https://www.positive-one.com/

ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

【本件に関するお問い合わせ先】
ポジティブワン株式会社
メールアドレス:poc_sales@positive-one.com
TEL:03-3256-3933 FAX:03-4360-5301

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2019年 10月 19日
タグ

月別掲載数

お知らせ