無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

11月は過労死等防止啓発月間 厚労省主催のシンポジウムでパラゴン代表・櫻澤博文が講演

合同会社パラゴンのプレスリリース2019年 10月 16日

近年、働き過ぎやパワーハラスメント当の労働問題によって多くの方の尊い命や心身の健康が損なわれ深刻な社会問題となっています。
その背景として、人手不足となっている業種も多く、社員一人ひとりの労働力・労働時間が重要な課題となっております。
一方で、企業側では労働時間管理、メンタルヘルス対策等、具体的な取り組みを進めるためにどうしたらよいか、悩む声も多く聞かれます。

そこで厚生労働省は、過労死をされた方のご遺族にもご登壇をいただき、過労死等の現状や課題、防止対策を検討すると共に
長時間労働の削減や人材の定着の為に、以下の観点から過労死防止策を探る機会として「過労死等防止対策推進シンポジウム」(以下、シンポジウム)を開催してきています。

・長時間労働の削減
・職場におけるメンタルヘルス対策の推進
・過重労働による健康障害の防止
・職場のパワーハラスメントの予防、解決
・働き方の見直し
・相談体制の整備

11月18日月曜日に福井会場で
「ストレスチェック時代の働きやすい職場づくりのヒント」との題で講演する櫻澤博文は、
合同会社パラゴン(本社:東京都港区)にて「メンタル産業医」として精神疾患で休職した労働者が着実に仕事へ復帰支援を
多くの企業で提供してきました。

2017年度からシンポジウムの協力をすると共に、この数年、150社を数える企業にて、「ストレスチェック」という“こころの健診”の実施者として働きやすい職場づくり支援に従事してきました。
そのノウハウをまとめ、金剛出版から刊行されたのが、
『キャリアコンサルティングに活かせる 働きやすい職場づくりのヒント』
http://kongoshuppan.co.jp/dm/1606.html

『メンタル不調者のための 復職・セルフケアガイドブック』
http://kongoshuppan.co.jp/dm/1520.html
です。

今回の講演では両書のエッセンスである
(1)どなたでも簡単に取り組める、そもそもメンタル不調で休職することがない予防法、
(2)「ストレスチェック」結果である「集団分析」を用いた働きやすい職場環境の形成支援法
以上が紹介される予定になっています。

本シンポジウムは企業の人事担当者に限らず、「働き方改革」にご関心をお持ちの方など、幅広い層を対象としております。

【イベント URL】
https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/

本シンポジウムは企業の人事担当者に限らず、「働き方改革」にご関心をお持ちの方など、幅広い層を対象としております。

【本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先】
厚生労働省シンポジウム事業受託事業者 株式会社プロセスユニーク
専用フリーダイヤル:0120-053-066(月~金 9:00~17:30)
参加費 : 無料
申込先 : https://www.p-unique.co.jp/karoushiboushisympo/03/

【合同会社パラゴンの概要】
社名  : 合同会社パラゴン
本社  : 〒107-0062 東京都港区南青山5-17-2 シドニービル502
代表者 : 櫻澤 博文
事業内容: 官公庁・企業の健康管理部門請負全般、
特に(1) メンタル産業医による復職支援提供
(2) 「健康経営優良法人」認定支援、
(3) ストレスチェック制度の構築・運用・実施者対応
(4) 介護支援、介護離職防止

URL   : https://pro-sangyoui.com/

ジャンル
イベント
業界
美容・医療・健康
掲載日
2019年 10月 16日
タグ
ストレスチェック 産業医 健康経営 働き方改革 過労死等防止対策

月別掲載数

お知らせ