無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【業務用食材卸売専門店】ISPフーズ  「業務用ジビエ」販売商品130品目超え   希少ジビエも続々登場、飲食店からのオーダー急増

株式会社アイサポートプランのプレスリリース2019年 10月 16日

●業務用食材卸売サイト「ISPフーズ」https://ispfoods.jp/では、環境問題の解消につながるジビエ市場の拡大と、地方活性化に貢献すべく2018年12月21日「業務用ジビエ」コーナー(https://ispfoods.jp/products/list.php?special=2)を開設し、全国の飲食店が、ISPフーズサイトにてジビエを簡単に購入できる仕組みを構築しました。
2019年10月現在、ISPフーズサイト内のジビエ商品数は130品目を超え、販売数として日本最大となっています。
更にISPフーズのジビエコーナー(https://ispfoods.jp/products/list.php?special=2)
では、猪肉、鹿肉(エゾ鹿・本州鹿)の原料肉、スライス、加工品といった通常のジビエに加え、他サイトでは殆ど扱っていない「ヒグマ肉」「アナグマ肉」、「猪タン」「鹿タン」「猪レバー・ハツ」「鹿レバー・ハツ」といった、かなり希少なジビエ部位も販売しています。こうした希少ジビエは、食にこだわる料理長やシェフ、他店と差別化したい飲食店から注文が相次いでいます。

ISPフーズサイト内のジビエ購入対象の飲食店は、約3,500店舗に上り、ジビエを実際に購入している業種もフレンチ・イタリアン、和食店、ダイニング、ワイン・日本酒バー、介護施設、等と多岐に渡っています。飲食店からのジビエの注文も、コーナー開設時と比べ、月間件数で5倍以上となっており今後更に拡大する見込みです。

ISPフーズでは、特に地方のジビエ販売業者が利用しやすく、販売に直結できるサービスを拡充し、ジビエ販売による地域活性化を支える一端を担うべく今後も取り組む予定でおります。

ジャンル
商品・サービス
業界
食品・飲料
掲載日
2019年 10月 16日
タグ
業務用食材 ジビエ 鹿肉 猪肉 熊肉

月別掲載数

お知らせ