無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

EPA、留学生、外国人介護職向けふりがな付き介護福祉士模擬試験とオンライン学習の組み合わせを10月と12月に実施

一般社団法人外国人介護職員支援センターのプレスリリース2019年 10月 05日

一般社団法人外国人介護職員支援センター(千葉県市川市、代表理事 井上文二)は、昨年に続き、外国人介護職員に向けた介護福祉士国家試験対策ふりがな付き模擬試験を実施します。

当センター主催の外国人向け介護福祉士国家試験対策講座の行われている市川市の会場で10月17日に模擬試験が開催されるのを機に、受験を控えた全国のEPA介護福祉士候補者や介護福祉士養成専門学校留学生及び日本永住外国人介護職員等を対象に、当センター受講生と同額の1回2,000円で自宅受験に対応することにしました。

この自宅受験型模擬試験は、本試験と同様に全問題にふりがなが付されているだけではなく、追加費用なしで受験後のポイント学習をオンラインにて受講できるようにもなっています。全問題がフェイスブック上の動画で解説されるのに加え、生徒は自由にフェイスブック上で質問したり、追加補足教材で試験のコツ等を学んだりできます。

当センターでは、試験の点数で自身の実力を確かめるというよりは、模擬試験から翌年1月下旬の本試験までの追い込み期間で、短期間にポイントを復習できることに力を置いています。そのため、模擬試験受験者専用のフェイスブックグループページを工夫し、一人でも多くの合格者が出るよう支援します。また、今年2月に開講した外国人向け介護福祉士国家試験対策オンライン学習通年コースも終盤を向かえており、初回授業からの全レッスンが学習可能な特別入会にも応じています。

詳細は下記ホームページやフェイスブックページを参照願います。

模擬試験案内ホームページ:
http://caregiverjapan.org/kaigofukushishi/mocktest

フェイスブックページ:
https://www.facebook.com/marie.and.partners/

お問い合わせ先:
一般社団法人外国人介護職員支援センター
〒272-0021 千葉県市川市八幡5-15-14
電話 047-713-6214
メール info@caregiverjapan.org
HP http://caregiverjapan.org/

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2019年 10月 05日
タグ
外国人 介護福祉士 留学生 EPA 模擬試験

月別掲載数

お知らせ