無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

バリオセキュア、Vario Data Protect サービスのラインナップを拡充し、企業向けバックアップアウトソーシングを強化

バリオセキュア株式会社のプレスリリース2019年 09月 10日

バリオセキュア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 稲見 吉彦)は、データバックアップのアウトソーシングサービス「VDaP-Vario Data Protect」のラインナップに、新たに「VDaP Plus」と「VDaP Professional」を9月10日から追加し、企業の多様なバックアップニーズへの対応を強化します。

Vario Data Protectサービスでは、従来の「VDaP」により、企業負担を軽減するバックアップの自動化とアウトソーシングを実現し、ローカル環境と2拠点の国内データセンターへのファイルバックアップをサポートしてまいりました。

この度サービスラインナップとして追加された「VDaP Plus」では、ファイルバックアップに加えイメージバックアップに対応し、エージェントレスにより既存環境への影響を心配することなく、VMware/Hyper-VやOracle DB、MS SQLなどの各種DBや、Google Drive、Office 365、Salesforceのバックアップが可能です。バックアップデータの保存期間や容量制限は無く、サービスに付帯する東京データセンターへの自動保存後大阪データセンターへのレプリケーションが実施され、ISO/ISMSに準拠した国内2拠点のバックアップ環境で安全に保管されます。また、VDaP Plus は、専用管理画面の提供や、バックアップ専任技術者によるデータ復旧時のサポートをサービスに含みます。

「VDaP Professional」では、「VDaP Plus」の拡張性をさらに高めたサービス内容となり、バックアップデータの保存先として沖縄データセンターやお客様指定のデータセンターの利用など、より柔軟性の高いDRaaSの実現により、不測の事態の障害復旧までを強力にアウトソーシングサービスとしてサポートします。

《バリオセキュア株式会社について》
バリオセキュアは、多様なセキュリティ機能を実装したセキュリティアプライアンス機器「VSR-VarioSecure Router」の製造ならびに VSR を使用したマネージドセキュリティサービスの提供と、UTM 機器「VCR-Vario Communicate Router」の販売を行っています。米国に本社を持つコンピュータセキュリティ監査の最大手である ICSA の Firewall 認定を取得している国内メーカーとして、また、多様なセキュリティソリューションを提供するソリューションプロバイダとして、お客様のニーズにいち早く対応し、常に先進のセキュリティ/ネットワークソリューションをご提供する企業を目指します。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
バリオセキュア株式会社
所在地 :東京都千代田区神田錦町 1-6 住友商事錦町ビル 5F
TEL :03-5577-2090(平日 9:00~18:00)
E-mail :pr@variosecure.net
Web サイト :https://www.variosecure.net/

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2019年 09月 10日
タグ
バックアップ エージェントレス エンタープライズ イメージバックアップ マネージドサービス

月別掲載数

お知らせ