無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

昼間の生活に支障を来すようなら、それは「睡眠障害」という病気です

株式会社 現代書林のプレスリリース2019年 09月 03日

株式会社現代書林[住所:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本桂一]は、新刊書籍『専門医が教える症状から見た睡眠障害の診断と治療』(山口祐司:著)を2019年9月6日に発売します。

あなたは毎晩、ぐっすりと眠れていますか?
昼間の眠気や集中力の低下に悩まされていませんか?
もし、日中の生活に支障を来すような状態であれば、それは「睡眠障害」です。

皆さんは「睡眠障害」といえば、「睡眠時無呼吸症」や「不眠症」を思い浮かべると思います。ただ、「睡眠障害」とはそれだけではないのです。

睡眠障害の症状は、大きく分けると
 1 寝つきが悪い・睡眠中に目が覚める
 2 昼間に眠気を来す
 3 睡眠中に異常な行動をする
 4 睡眠のタイミングが昼夜で逆転する
の4つになります。
上記の当てはまる方は是非クリニックで受診をしてみて下さい。

著者は 福岡県福岡市内で睡眠障害の治療を専門とする
「睡眠呼吸センター・福岡浦添クリニック」を開業している医師です。
睡眠障害の治療に携わって20年以上の著者によると、
現在の睡眠障害の治療は大きく進歩し続けていて、
適切な治療を行えば、ほとんどの患者さんが改善します。

本書では、「睡眠障害」の知識や症例、治療法などを詳しくまとめています。人生で成功する人は例外なく、しっかりとした睡眠をとっています。本書を読み、良い人生を過ごすためには、良い睡眠をとることが重要だという事を理解して幸いです。

—目次—
はじめに
第1章 睡眠障害とはどういうものか
第2章 睡眠障害の治療では検査が重要
第3章 睡眠障害の治し方〈1〉不眠症状
第4章 睡眠障害の治し方〈2〉過眠症状
第5章 睡眠障害の治し方〈3〉睡眠中の異常行動
第6章 睡眠障害の治し方〈4〉睡眠相の昼夜逆転
第7章 睡眠は人間の活動に大きく影響する
おわりに

—著者紹介—
山口祐司(やまぐち・ゆうじ)

医学博士/睡眠専門医
福岡浦添クリニック院長

1953年福岡市生まれ。
1979年自治医科大学卒業後、国家公務員共済組合連合会浜の町病院と九大病院救急部で2年間の臨床研修。
浜の町病院勤務の時に、名嘉村博先生(現在、名嘉村クリニック院長)から指導を受け、その20年後に名嘉村先生から現在の睡眠医療への道に導かれることになる。

臨床研修後は、福岡県の地域医療(県立病院、町立病院)の仕事を行い、その後、自治医科大学医動物及び血液学、ハーバード大学べス・イスラエル病院感染症部門リサーチフェロー、熊本大学遺伝発生研究施設(分化制御)講師として基礎研究に従事。

2000年より、福岡浦添クリニック院長として睡眠医療に従事している。
日本睡眠学会専門医、日本内科学会総合内科専門医。アメリカ睡眠学会会員、アメリカ血液学会会員。1990年ベルツ賞(2等賞)、2006年福岡県医師会医学研究賞。

当書籍の商品画像など概要につきましては、弊社ウェブサイトをご覧ください。
http://www.gendaishorin.co.jp/book/b285918.html

<商品概要>
■商品名:専門医が教える症状から見た睡眠障害の診断と治療

■著者名:山口祐司

■発売日:2019年9月6日

■定価:本体1,300円+税

■判型:四六判並製

■ページ数:208ページ

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社現代書林
http://www.gendaishorin.co.jp/
〒162-0053
東京都新宿区原町3-61 桂ビル
TEL:03-3205-8384
FAX:03-3205-8285

ジャンル
商品・サービス
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2019年 09月 03日
タグ

月別掲載数

お知らせ