無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社とElegance & Safety共同プロジェクトを開始

地盤ネットホールディングス株式会社のプレスリリース2019年 08月 27日

地盤ネットホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表:山本 強、以下、地盤ネットHD)の子会社、地盤ネット株式会社(東京都中央区、代表:伊東洋一、以下、地盤ネット)は、アーキテクツ・スタジオ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表:丸山雄平、以下、ASJ)と、良質な社会ストックの実現を目的に共同プロジェクトを開始します。

■アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(ASJ)との共同プロジェクト「Elegance & Safety」発進の経緯
 現在、2,925名の登録建築家を有するASJは、「建築家の活動量に比例して、都市は豊かになる」を理念にかかげ、建築家に特化したサービスを提供しています。その代表的なサービスは建築家の設計(デザイン・インテリジェンス)です。ASJは建築家・クライアント・施工会社、さらには住関連企業などをつなぎ、独自のテクノロジー、管理システムによって質の高い、洗練されたサービスを提供し、人々の暮らしと地域の発展に貢献しています。
 このたび、自然災害の多い日本の住宅づくりにおいて、地盤ネットの最新テクノロジー「地盤トリプル調査」①事前踏査(地盤安心マップ®プロ)、②スウェーデンサウンディング式(SWS)調査(iGP®)、③微動探査(地震eye®)を全国でスタンダード化し、より豊かなくらしの創造をはかるため、ASJが提供する住まいのデザインや快適性と、地盤ネットが提供する強さを兼ね備えた家づくりに向けた共同プロジェクト「Elegance & Safety」をスタートすることとなりました。

■8月29日のASJ事業説明会にて地盤ネット伊東代表が「トリプル調査」について講演
 プロジェクト発進と普及の第1歩として、8月29日に開催されるASJの事業説明会において、地盤ネット代表の伊東洋一が、「地盤トリプル調査」の解説と意義について講演を行います。この事業説明会は、全国からASJスタジオ(139ヶ所)を運営展開している工務店・建設会社が参加されます。
 住宅建築においては、「強・用・美」全ての要素を兼ね備えて初めて、本当のロングライフデザインといえます。両社の取り組みを通して、自然災害における住宅被害ゼロを実現し、生活者が安全で豊かな暮らしを持続できる社会の形成に貢献してまいります。

ジャンル
その他
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2019年 08月 27日
タグ
#地震 #デザイン住宅 #微動探査 #サステナビリティ #ASJ

月別掲載数

お知らせ