無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

住宅で国内初、自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」シリーズ等へ日本初の傘シェアリングサービス「アイカサ」を導入開始

株式会社デュアルタップのプレスリリース2019年 08月 19日

株式会社デュアルタップ(東証二部/本社:東京都品川区 社長:臼井貴弘)は、株式会社Nature Innovation Group(本社:東京都渋谷区 社長:丸川照司)が提供する日本初の傘シェアリングサービス「アイカサ」を2019年8月より、自社ブランドマンション「XEBEC(ジーベック)」をはじめとする管理物件に導入いたします。
「アイカサ」を、住宅マンションへ本格導入するのは、「XEBEC(ジーベック)」シリーズが国内初となります。※1

デュアルタップは、東京23区の駅近に特化して累計52棟1,756戸以上のマンション開発実績を有しており、不動産の販売を通じてデュルタップに関わるすべての人の幸福に貢献することを目指し、入居者を始めとしたお客様の多様なニーズに合わせたサービスを提供し、マンションの魅力と価値の向上に取り組んでおります。

日本は「ビニール傘消費量世界一」と言われ、現在年間 約8000万本消費されております。当社では「SDGs(※2)」に基づき、環境問題解決に向けて取り組んでおり、同様にその解決を目指す「アイカサ」の理念に共感し、管理物件へ導入することといたしました。

デュアルタップは今後も、持続可能な社会の実現に向けて事業を通じて貢献して参ります。

■傘のシェアリングサービス「アイカサ」とは
「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の傘のシェアリングサービスです。
突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が上がった際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるサービスです。利用料金は24時間あたり70円、1か月420円を超えない仕組みになっています。
現在、「アイカサスポット」は、渋谷・上野を中心とした東京都内と福岡市内をはじめ、国内約300か所まで拡がっており、登録ユーザー数は約40,000人です。(2019年7月時点)
傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし「雨の日のモビリティーサービス」としてのインフラを構築し完全に傘をシェアする社会をミッションにしております。

▼「アイカサ」サービスの詳細はこちらからご覧ください(外部サイト)
・「アイカサ」公式サイト :https://i-kasa.com/
・「アイカサ」LINEアプリ:https://line.me/R/ti/p/%40upu4224e

■「アイカサ」運営会社 会社概要
【 会社名 】株式会社Nature Innovation Group
【 代表者 】代表取締役 丸川照司
【 所在地 】東京渋谷区渋谷 3-26-16 第五叶ビル5F
【 WEBサイト】https://i-kasa.com/
【 資本金 】8,503,000円(準備金含む)
【 主な事業 】遊休スペースを活用した傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営

■当社管理物件アイカサ設置箇所(2019年8月)
今般、「アイカサ」を導入するマンションは「XEBEC(ジーベック)」シリーズを含めた3物件です。今後、各管理物件へ順次導入予定です。

※1)「アイカサ」は現在は主に商業施設等へ先行して導入されております。実証実験を除き、住宅へ導入するのは本件が国内初となります。
※2)SDGs(Sustainable Development Goals)とは、人類及び地球の持続可能な開発のために達成すべき課題とその具体目標で、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットから構成され、世界中の誰一人取り残されない包摂的な社会の実現を目指しています。

ジャンル
商品・サービス
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2019年 08月 19日
タグ
マンション デュアルタップ シェアリング アイカサ

月別掲載数

お知らせ