無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

シーネット、2018年度システム稼動実績数610センターに センター数調査集計結果を発表

株式会社シーネットのプレスリリース2019年 07月 11日

ci.Himalayas(シーアイ・ヒマラヤ)のブランドでクラウド型倉庫管理システム
(以下WMS)の提供を行う株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県
船橋市、代表取締役社長:西村正哉)は、2018年度の期中システム稼動実績
センター数調査結果を発表いたしました。この結果、2018年度は600センターを
突破し、610センターでの稼動となりました。
 前年からの伸び率は、業種ではサービス業、規模では大手・中堅企業が高く、
原点回帰の形となりました。
 本年度も引き続き大手・中堅企業向けの物流システムサービスインテグレーション
提供に注力するとともに、中・小規模企業向けの効率的パッケージ提供にも注力して
いく計画です。

【2018年度 シーネット システム稼動実績センター数】
https://www.cross-docking.com/news/20190711/?nr

以上

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【株式会社シーネットについて】
1992年の創業以来、物流一筋にシステム化による業務効率化と品質向上に取り
組んできた、倉庫管理システムのパイオニアです。
自社開発、自社マーケティングの効率的な体制により、多様な業界・業種・業態の
物流現場が抱える課題に常に最適解を提示、2011年から8年連続でWMSパッケージ
出荷金額No. 1*を達成しています。
現在は、物流システムサービスインテグレーションを通じ、多様な企業の物流戦略を
サポートしています。    
*株式会社ミック経済研究所 
『クラウド&リソース拡充で刷新図る基幹業務パッケージソフトの市場展望』
会社名: 株式会社シーネット 設立: 1992年1月
資本金: 1億円
代表者: 代表取締役社長 西村 正哉
    URL: https://www.cross-docking.com
事業内容: 物流システム研究開発・販売、
            物流システムサービスインテグレーションの提供
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ジャンル
調査・研究結果
業界
IT・通信[エンタープライズ]
掲載日
2019年 07月 11日
タグ
クラウド 実績 WMS 倉庫管理システム センター数

月別掲載数

お知らせ