無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

必見。大切な資産を守る。持ち家の「管理」「修繕」サービス提供開始。

株式会社高翔のプレスリリース2019年 07月 02日

芦屋市で注文住宅の設計・施工を手掛ける工務店(株)髙翔のグループ会社である(株)髙翔トータルサポート(所在地:兵庫県芦屋市、代表取締役社長:大上 伸治)は、阪神間を中心に住宅管理サービス「髙翔クラブ」の提供を2019年7月1日(月)より開始した。
「髙翔クラブ」は、会員制サービスで年会費1000円(税別)を支払い入会することで、戸建・マンション(専有部分)の管理・修繕及び、ご自宅に関する様々なサポートを24時間受付で受けられる。
また同社は、全国の持ち家ユーザーに“安心な暮らし“を提供するべく将来的に全国展開を目指している。

住宅は購入して住み始めてから、長い付き合いが始まる。
当然、その間に不具合も出てくるし、定期的な点検・メンテナンスも必須だ。
しかし、戸建住宅もマンション(専有部分)も、「管理」及び「修繕」を自らの手で行わなければならない。
しかも、構造物と設備機械の集まりである住宅には、素人では対応しきれない状況も容易に起こりえる。
そんな問題を解決するべく、2019年5月に設立された住宅管理会社の2つサービスを紹介しよう。

2019年7月より本格的にサービスを開始したのが、兵庫県芦屋市を拠点とする(株)髙翔のグループ会社、(株)髙翔トータルサポートが提供する住宅管理サービス「髙翔クラブ」だ。
月額1000円(税別)という手ごろな価格で、さまざまなサービスを受けられる。

髙翔クラブは主に2つのサービスから構成される。

まずは、髙翔クラブの主軸となる「駆けつけサービス」。自宅にトラブルが生じた際、24時間365日対応する。
水回り・電気設備・ガス設備・鍵・窓ガラスのトラブルなど、自宅で起こりうるほとんどの緊急事態に幅広く対応が可能だ。

もう一つは、電球の交換など軽微でも高齢世帯には難しい高所での作業、家具の組み立てや移動など、単身世帯では人の手を借りたい作業を年間2回まで無料で行う「お手伝いサービス」。

以上の2つのサービスを主軸とする「髙翔クラブ」に加入するだけで、自宅で起こりうるほぼすべてのトラブルが解決できそうだ。

7月より親会社(株)髙翔の代表取締役社長に就任した中間秀一氏はこの新たな取り組みについてこう語る。

「今までの住宅業界は“売って終わり”というのが常識でした。ですが、家との付き合いは住み始めてからが本番です。ずっと住み続ける家ですから、安心して住み続けて頂くために、家に関することで何か困りごとが起これば、いつでもサポート出来る仕組みが必要だと思っておりました。“より多くの方がずっと安心して住み続けられる環境を作りたい“その思いがようやく形となったのが“髙翔クラブ“というサービスです。」

中間氏の話す通り、同社は今後より多くの方に安心に住まい続けられる環境を提供していきたいと考えており、まずは、阪神間からサービスの提供を開始し、順次サービスエリアの拡大を目指す計画である。

筆者はこの取り組みが、長らく“売って終わり”を続けてきた住宅業界に一石を投じるようなサービスとなることを切に願う。

「髙翔クラブ」の詳しいサービス内容についての問い合わせはこちらから 0797-38-3313

髙翔クラブHP : https://takasho.net/totalsupport/

以下余白

ジャンル
商品・サービス
業界
建設・住宅・空間デザイン
掲載日
2019年 07月 02日
タグ
マンション 不動産 住宅 持ち家 住宅管理

月別掲載数

お知らせ