無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

株式会社大松自動車民事再生計画確定に伴う新株引受(子会社化)に関するお知らせ

株式会社平山ホールディングスのプレスリリース2019年 06月 19日

株式会社大松自動車民事再生計画確定に伴う新株引受(子会社化)に関するお知らせ

 当社は、本日開催の取締役会において、株式会社大松自動車民事再生計画確定に伴い減資後の全株式を引受けることとなりましたのでお知らせいたします。

1.新株引受の理由
平山グループは、「人に付いた技術で日本のモノづくりを支援する」をコンセプトに日本のものづくり(製造業)を支える製造支援会社として、インソーシング(請負)・派遣事業や技術者派遣事業、海外事業等を展開しております。製造現場のコンサルティングサービスも行っていることが特徴で、TPSを基盤とした独自の「現場改善コンサルティングサービス」を国内外で提供しています。平山グループの強みは、多くの現場を改善した実績をもつコンサルタントが、お客さま視点で問題点や課題を洗い出し、改善案を提案するだけではなく、平山グループの作業実施部門が現場で改善案に基づいた製造請負や現場管理を手がけるなど、現場改善活動を一貫して行える点です。これにより、確かな結果を生み出し、さらなる改善につなげております。
 一方、株式会社大松自動車は、三重県において自動車整備事業とサービス付高齢者住宅「大樹の里」により介護事業を地域に密着し提供しております。株式会社大松自動車は、新規事業として、バイオマス事業を行っておりましたが、この事業により資金繰りに行き詰ったことから、弊社グループに再生支援の要請があり、自動車整備士育成および介護人材育成を行う協業先を模索していた平山グループが民事再生法のもと、再生を支援しておりました。
今般、民事再生法のもと民事再生計画が確定したことで、スポンサー契約に基づき株式会社大松自動車の減資後、平山グループが増資を引き受けることで、全株式を取得し、子会社化することとなりました。平山グループは、株式会社大松自動車が持つ自動車整備ノウハウと介護事業のノウハウを活用し、東南アジア各国からの採用した外国人人材の育成を行うことで、人材不足が顕著な自動車整備事業と介護事業において、人材紹介サービスを提供して参ります。

詳細はHPをご覧ください
https://ssl4.eir-parts.net/doc/7781/tdnet/1722186/00.pdf

ジャンル
経営情報
業界
その他
掲載日
2019年 06月 19日
タグ
製造 技術 民事再生 子会社 請負

月別掲載数

お知らせ