無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

PDF版無料配布も!書籍『変形性膝関節症には最新治療がある』を膝の整形外科医が出版

大宮ひざ関節症クリニックのプレスリリース2019年 04月 23日

変形性膝関節症を中心とした膝の痛みの治療を行う大宮ひざ関節症クリニック(埼玉県さいたま市)院長の大鶴任彦(おおつるただひこ)が、2019年4月、電子書籍『変形性膝関節症には最新治療がある【2019年版】』を、Amazon、Google Playストア、Rakutenブックスで同時出版しました。
さらに本書の情報をより多くの方に知って欲しいと、要所をピックアップしてPDFにまとめたサンプル版を、無料でダウンロードしていただけるサービスも併せてスタートします。

<書籍情報>
タイトル:変形性膝関節症には再生医療がある【2019年版】
定価:¥680(税込)

■詳細&無料PDFダウンロード■
https://www.knee.or.jp/hp/eb_oa/

<本書のポイント>
こんな方におすすめのです。
・現在受けている治療で良くならず、違う治療を探している方
・ゆくゆくは人工関節しかないと考えている方
・変形性膝関節症について気になるけれど詳しく知らない方

変形性膝関節症の治療法として実際に再生医療を提供する整形外科医が、できるだけたくさんの人に、自分とっての最良の治療法を見つけて欲しいとまとめた、そのためのヒントや役立つ情報が満載です。
膝の健康の危険度を確認できるセルフチェックリストから、意外と知られていない変形性膝関節症の正しい知識、そして最新治療がどこまで進み、実際に受けられるのはどんな治療法なのかといったことまでをイラスト入りでわかりやすく網羅しました。
健康寿命を伸ばして、人生100年時代を謳歌するために必読の内容になっております。膝の痛みにお悩みの方はもちろん、そのご家族もぜひご覧になってみてください。

<著者情報>
大鶴 任彦
大宮ひざ関節症クリニック院長

東京女子医科大学病院整形外科学教室に関連病院での勤務も含め20年間在籍。下肢関節を専門とし、小児から高齢者までの1000例以上の手術を執刀。 学会発表は50回以上、和文論文執筆は20編以上、英文 論 文は8編執筆。日本整形外科学会総会、日本関節病学会、日本再生医療学会、日本股関節学会などにおけるシンポジスト講演も多数経験している。 低侵襲な再生医療への関心が高まり、整形外科人生をかける気概で、ひざ関節症クリニックグループに入職する。 先進的な治療を扱いながらも、誰にでも理解できる説明 と痛くない注射という、自身の診療へのこだわりは変わらない。診療と平行して、東京女子医大非常勤講師も務めている。

<クリニック情報>
ひざ関節症クリニック
変形性膝関節症の治療法の新たな選択肢として、再生医療を提案する整形外科。関東4院、大阪1院にて診療を行う。

大宮ひざ関節症クリニック:https://www.knee-omiya.com/
東京ひざ関節症クリニック銀座院:https://www.knee-joint.net/
東京ひざ関節症クリニック新宿院:https://www.knee-shinjuku.com/
横浜ひざ関節症クリニック:https://www.knee-yokohama.com/
大阪ひざ関節症クリニック:https://www.knee-osaka.com/

ジャンル
商品・サービス
業界
美容・医療・健康
掲載日
2019年 04月 23日
タグ
医療 最新治療 再生医療 整形外科 変形性膝関節症

月別掲載数

お知らせ