無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

日中翻訳学院主催、第3回「日中中日翻訳フォーラム」5月25日池袋で開催へ

日中翻譯学院のプレスリリース2019年 04月 22日

日中翻訳学院主催、第3回「日中中日翻訳フォーラム」5月25日池袋で開催へ

【日本僑報社発】日中翻訳学院高橋塾主催の第3回「日中中日翻訳フォーラム」を下記の通り開催します。

今回のフォーラムは、第1部として、日中翻訳学院院長兼高橋塾塾長の高橋弥守彦先生(大東文化大学名誉教授)が「中国語の空間詞をいかに訳すか」をテーマに基調講演。第2部として中文和訳専門塾「高橋塾」の受講生を中心とした、翻訳ステップアップのためのスクーリングを行います。

この翻訳フォーラムは、日中文化交流の促進をめざし、「信・達・雅」(忠実に、なめらかに、美しく)を翻訳のモットーとして、中国語のよりよい日本語訳のあり方を探ります。

万障お繰り合わせの上、ご来場ください。

基調講演:高橋弥守彦先生(日中翻訳協会会長、日中翻訳学院院長)

テーマ:中国語の空間詞をいかに訳すか

高橋塾第3期6編目第5回課題文に以下のような文があり、下線部をどのように訳すかという問題が発生しました。

‘三双老手一同抹去两张脸上的泪,三双老手一同把两个跪着的人掀下了海,再同喊一声:“回去吧――鸽子。你们……”’

『三人の老人は若い二人の涙を拭ってやると、跪いた若い二人を力強く海に突き落とした。それから同時に叫んだ。「生きて帰れ――鳩子。お前ら幸せにな……」』(高橋訳)
受講生の皆さんは、この部分の訳を大別すると、以下の3通りの訳にしてありました。どの訳も正しいと思われますが、なぜなのかを考えてください。
ⅰ.「じっさまたちはそれぞれ阿根と鳩子の涙をぬぐい」
ⅱ.「兄弟3人は、ゴツゴツした手で2つの顔を流れる涙をぬぐうと」
ⅲ.「じっさまと弟たちは、その両手で、鳩子と阿根の頬に伝わる涙をぬぐってやり」
なお、以下の中国語の文では、中国語の“在+方位词短语”を日本語の格付き空間詞ではどのように訳すのかとその理由も考えてきてください。スクーリングに参加してくださる皆さんで一緒に考えて見ましょう。
(1)他们在公园里打棒球。
(2)他们在公园里藏了一把宝剑。
(3)他们在公园里散散步。
(4)那个单杠在公园里消失了。

【講師紹介】高橋弥守彦(たかはし・やすひこ)先生

大東文化大学名誉教授、日中通訳翻訳研究会会長、東日本漢語教師協会副会長、日中対照言語学会顧問、国際連語論学会顧問兼名誉副会長、日本中国語教育学会名誉会員、東松山市中国語学習会顧問、華中師範大学語言学系客座教授、延辺大学特約撰稿研究員、遼寧対外経貿学院研究員など。専門は中国語文法学、日中対照言語学、翻訳学(中文日訳)。

著書に『中日対照言語学概論―その発想と表現―』(単著、2017年、日本僑報社)、『格付き空間詞と〈ひと〉の動作を表す動詞との関係―日中対照研究を視野に入れて―』(単著、2009年、大東文化大学語学教育研究所)、『実用詳解中国語文法』(単著、2006年、郁文堂)、『日漢対比語言学』(共著、2015年、南開大学出版社)、『中国語虚詞類義語用例辞典』(共著、1995年、白帝社)、『中国語と現代日本』(共著、1985年、白帝社)、『中国語談話言語学概論』(王福祥著、共訳、2008年、白帝社)、『中国語の表現と機能』(劉月華著、共訳、1992年、好文出版)、『中国語語法分析問題』(呂叔湘著、共訳、1983年、光生館)など10数冊あり。論文は移動動詞、介詞、ヴォイス、形容詞、副詞などを中心として210余編あり。国内外の講演は40回あまり、研究発表は250回あまり。

[主催]日中翻訳学院
[日時]2019年5月25日(土)午後2時~4時(1時半~受付)
[会場]西池袋第二区民集会室・和室
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-8-20
http://urx3.nu/PSXL
[参加費]1000円
[申込方法]メールで日中翻訳学院事務局( fanyi@duan.jp )宛に、お名前、職業、連絡先(住所・電話番号)をご記入の上、お申し込みください。

お問合せ
Mail fanyi@duan.jp Tel 03-5956-2808 Fax03-5956-2809 担当 南

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2019年 04月 22日
タグ
日本僑報社 日中翻訳学院 高橋塾

月別掲載数

お知らせ