無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

【ヨーロッパで話題の作家が来日】ビアンカ・ベロヴァー『湖』邦訳出版記念イベント

チェコセンター東京のプレスリリース2019年 04月 09日

《ビアンカ・ベロヴァー『湖』邦訳出版記念イベント》

日時:2019年4月24日(水)19:00~(18:30開場)
場所:チェコ共和国大使館 ホール
(東京都渋谷区広尾2-16-14 )
主催:チェコ共和国大使館、チェコセンター東京
入場無料(要事前申込)
詳細:http://tokyo.czechcentres.cz/news/kest-japonskho-vydn-romnu-biancy-bellov-jezero/

チェコの権威ある文学賞であるマグネジア・リテラ賞、EU文学賞を受賞した『湖』が、今年4月に河出書房新社から出版されます。これを記念し、作家ビアンカ・ベロヴァー氏と翻訳を手がけた阿部賢一氏、そしてミュージシャンのアドリアン・T・ベル氏をお迎えしてのイベントを開催いたします。チェコ語・日本語での朗読や作品をめぐるトークを、音楽とともにお楽しみいただける内容となっております。

参加ご希望の方は下記URLよりお申込みください。
https://goo.gl/forms/1TgNwrM8Err1DUj63

●作品情報
『湖』(2019年4月16日 河出書房新社より刊行予定)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309207674/
まだ、いけにえが足りないんだよ――湖から戻らなくなった祖父。そして少年ナミは母を探し旅立つ。気鋭のチェコ女性作家が描く現代の黙示録! マグネジア・リテラ賞、EU文学賞受賞。
※本ページの画像は原書です。

本作は、2017年にチェコセンター開催のスザンナ・ロート翻訳コンテストの課題文として日本で初めてご紹介し、「文藝」誌(2018年春号)に抄訳が掲載されたあと、このたび正式に邦訳の出版が決定しました。

●作者・訳者プロフィール
ビアンカ・ベロヴァー Bianca Bellová
1970年プラハ生まれ。2009年「Sentimentální román」でデビュー。16年に本作で、チェコで最も権威のあるマグネジア・リテラ賞、EU文学賞を受賞し、世界的に注目される。

阿部 賢一
1972年東京都生まれ。東京大学准教授。著書に『複数形のプラハ』『カレル・タイゲ』、訳書にフラバル『わたしは英国王に給仕した』、オウジェドニーク『エウロペアナ』など。

●関連イベントのご案内
【東京】
「ビアンカ・ベロヴァー × アンナ・チマ × 阿部賢一 トークイベント」
日時:2019年4月26日(金) 19:00~(開場19:00)
会場:Books 青いカバ
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-28-24

【京都】
「ビアンカ・ベロヴァー × 阿部賢一 トークイベント」
日時:2019年4月27日(土)17:00~18:30(開場16:30)
会場:モンターグ・ブックセラーズ
〒602-8061 京都市上京区油小路中立売西入ル甲斐守町97番地 2階 Impact Hub Kyoto内

関連イベントの詳細はチェコセンターのホームページをご覧ください。
http://tokyo.czechcentres.cz/news/kest-japonskho-vydn-romnu-biancy-bellov-jezero/

●本展に関してのお問合せ
チェコセンター東京
150-0012 渋谷区広尾2-16-14チェコ共和国大使館内
TEL 03-3400-8129
cctokyo@czech.cz
http://tokyo.czechcentres.cz/
チェコセンターは世界22ヶ国24都市においてチェコ文化の普及につとめている、チェコ外務省の外郭団体です。

ジャンル
イベント
業界
出版・アート・カルチャー
掲載日
2019年 04月 09日
タグ
文学 ヨーロッパ EU チェコ 中欧

月別掲載数

お知らせ