無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

今秋日本橋で開催予定のイベント、モントルー・ジャズ ・フェスティバル・ジャパン 2019の キービジュアルが決定!

株式会社ヴィジュアルノーツ のプレスリリース2019年 04月 04日

2019年10月12日(土)、13日(日)、14日(月・祝)に、東京・日本橋三井ホールでおこなわれる『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2019』(主催:ヴィジュアルノーツ)。そのシンボルとなる“キービジュアル”の即興制作(ライブ・ペインティング)が、去る3月29日(金)に東京・日本橋 福徳の森にて開催。以下の通り完成した。

今回のキービジュアルを手がけたのは、企業とのコラボ作品も多く、音楽との親和性も高いペインティングアーティストのNOVOL(注1)。彼がライブ・ペインティングをおこなうにあたり、音楽的なインスピレーションを与えるのは、日本を代表するフリューゲルホーン&ボーカルのTOKUと、オルケスタ・デ・ラ・ルスなどで活躍するピアニストの斎藤タカヤ。彼らのセッションをひと目見ようと多くのお客さんが詰めかけた。
 仕事を終えたビジネスパーソンや通りすがりの人たちも、音楽の音色に誘われるように集まり、足を止めてペインティングの模様をスマホでパシャリ。最初はただのカラフルなキャンバスだったが、NOVOLが黒のインクを手にし始めると、魔法のようにジャズマンの輪郭が浮かび上がり始める。最後にジャズ・スタンダードの「Just Friends」が演奏され、ライブ・ペインティングは終了。さまざまな音楽が彩る祭典 — モントルー ・ジャズ・フェスティバル・ジャパンが最高の3日間になることを予感させるカラフルなキービジュアルが仕上がった。

なお、出演ミュージシャンの第1弾ラインナップは5月に発表を予定している。

ジャンル
イベント
業界
映画・音楽
掲載日
2019年 04月 04日
タグ
アート ジャズ 日本橋 ペイント モントルー

月別掲載数

お知らせ