無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

30年間変わらない美味しさ「エメラルドマウンテン」の記念レセプションを開催します(コーヒー業界関係者とメディア向け)

コロンビアコーヒー生産者連合会のプレスリリース2019年 03月 29日

FNCコロンビアコーヒー生産者連合会(以下、FNC)は4月12日、在日コロンビア大使館邸(品川区)において、コーヒー業界関係者とメディアを対象とした「エメラルドマウンテン30周年」記念レセプションを開催します。

エメラルドマウンテンはコロンビアコーヒーの宝石とも呼ばれ、コロンビアのコーヒー全生産量の中でもごくわずかしか認定されない高級豆です。

FNCが「コロンビアコーヒーの顔」として、日本の市場向けに特別に設定したエメラルドマウンテンの規格は大変厳格なもので、豆の大きさ、味の特徴、保管方法まで詳しく定められています。今年エメラルドマウンテンは、プレミアム焙煎コーヒーとしての発売開始から30周年を迎えます。そこで、この度記念レセプション(試飲を含む)を開催する運びとなりました。

プレゼンターは、FNC総裁のロベルト・ベレス、プレミアムコーヒーの焙煎業者を代表してキャピタル株式会社 代表取締役社長 栗田鏡子氏、株式会社MCアグリアライアンス 代表取締役社長 磯貝 進氏、そしてエメラルドマウンテンの日本上陸当時をよく知る(元)三菱商事株式会社 野呂 剛氏です。本レセプションでは、エメラルドマウンテンをご試飲いただきながら、この30年を振り返ります。

【エメラルドマウンテン 30周年記念のポイント】

● 30年間、変わらない美味しさ

近年では、コンテスト受賞コーヒーやマイクロロットと呼ばれる産地限定で希少性の高いコーヒー豆がトレンドとなっています。しかしそれらのコーヒーは常に同じ味のコーヒーを提供することが困難です。

エメラルドマウンテンは30年もの間、変わらず高品質な美味しさを日本の皆様へお届けしてきました。「お店に行けばいつもの味が手に入る。」この安心感は、品質に厳しい日本市場において、代えがたい価値であると確信しています。

● 味の違いに敏感な日本市場に向け、特別に設定されたコーヒー銘柄

コロンビアコーヒーの輸出先第2位は、なんと日本です。日本の消費者は、他のマーケットと比較しても特に、味や香りに対し繊細であるとされています。

そこで30年前、FNCが日本向けに「コロンビアコーヒーの顔」たりうるコーヒーのプロファイル(認定規格)を特別に開発。コロンビア全土のコーヒー鑑定所にこの基準が共有され、わずか13か所の鑑定所でのみ、エメラルドマウンテンの認定が行われます。そして最終的に熟練し、選ばれたFNC本部のコーヒーQグレーダーの鑑定士のみが、エメラルドマウンテン豆を選別・認定しています。

● 現在はコロンビア豆の1%のみしか認定されていない最高級豆

コロンビアコーヒーの中でも、エメラルドマウンテンとして認定されるのは、全生産量のうち1%未満です。コロンビアのコーヒー豆は総じて良質であると定評がありますが、とりわけエメラルドマウンテンの厳しい基準を達成することは、容易ではないのです。

【FNCアジア事務局のコメント】
日本では別格の認知を誇る、コロンビアコーヒーの顔

「エメラルドマウンテン」という名前は、コロンビアが世界一の産出量を誇る、宝石のエメラルドにちなんでいます。このコーヒー銘柄は、味に敏感な日本のマーケットに向けて特別に開発されました。

コロンビアのコーヒーは、各産地それぞれに特徴があって素晴らしいです。また、最近では世界の品評会で優勝する家族農園なども多く、コロンビアコーヒー全体の品質向上には目を見張るものがあります。ただ、日本でのエメラルドマウンテンの存在はまた別格だと感じます。小さな焙煎店や喫茶店でも、ほとんどの場合高級なコーヒーのラインナップとしてエメラルドマウンテンを置いてくださっているのを見かけます。

30年前にエメラルドマウンテンという規格で定義された美味しさとは、トレンドや時代に左右されることのない普遍的なものなのだな、と改めて思います。
(FNCアジア事務局 生豆マネージャー サンティアゴ・サボガル)

【エメラルドマウンテン 30周年レセプションのご案内】

日程:2019年4月12日(金) 15:00〜(約2時間)
場所:在日コロンビア大使館 大使公邸
〒141-0021 東京都品川区上大崎3-10-53
登壇者:FNCコロンビアコーヒー生産者連合会 サンティアゴ・パルド/FNCコロンビアコーヒー生産者連合会 総裁 ロベルト・ベレス/キャピタル株式会社 代表取締役社長 栗田鏡子/株式会社MCアグリアライアンス 代表取締役社長 磯貝 進 / (元)三菱商事株式会社 野呂 剛

スケジュール:
14:30  受付
15:00  オープニング
     サンティアゴ・パルド(FNC コロンビアコーヒー生産者連合会 アジア事務局長)
     ロベルト・ベレス (FNC コロンビアコーヒー生産者連合会 総裁)
     野呂 剛 (元)三菱商事株式会社
     栗田 鏡子(キャピタル株式会社 代表取締役社長)
     ビデオメッセージ
     試飲、フリートーク
16:45 磯貝 進(株式会社MCアグリアライアンス 代表取締役社長)より
17:00 終了

※ご出席を希望していただける場合は、大変恐縮でございますが、4月5日(金)までにFAX、お電話でご一報下さいますようお願い申しあげます。

【お問い合わせ先】
コロンビアコーヒー生産者連合会
住所:東京都品川区上大崎 3-10-53
TEL:03-3440-6041
TEL:03-3440-6043
URL:http://cafedecolombia.jp

ジャンル
イベント
業界
食品・飲料
掲載日
2019年 03月 29日
タグ
コーヒー スペシャルティコーヒー コロンビア エメラルドマウンテン

月別掲載数

お知らせ