無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

タイなのにヒラメいちゃいました? 『鯛パニック号』を運行します!

一般社団法人日本だじゃれ活用のプレスリリース2019年 03月 29日

メーデー、メーデー、めーでー、めでたい、めで鯛・・・
弊社は、経営状況がまずいことになっており、常にSOSを発信しています。

『だじゃれは世界を救う!』を合言葉に活動しているダジャレンジャー(一般社団法人日本だじゃれ活用協会)が
弊社のSOSを受信しました。そんな日本だじゃれ活用協会が、銚子うめぇもん研究会と、
4月14日に鯛料理と だじゃれをタイアップさせた「鯛パニック号」を走らせます。

鯛料理は、現在開催中の「銚子メデタイ祭」に合わせ、「銚子うめぇもん研究会」が提供。
銚子港で水揚げされた旬の「桜鯛(花鯛)」と柔らかくて甘い「灯台キャベツ」をお楽しみいただけます。
鯛料理をタイらげた後は、だじゃれ作りタイ験。

ダジャレンジャーと一緒に、超真剣に、銚子を調子よくするだじゃれを作ります。
全米が泣いた。煎餅も泣いた。 タイタニックは「航海」だけど、鯛パニックは「後悔」させません!!

※4月14日は「タイタニック号の日」と「SOSの日」
1912年4月14日に、タイタニック号が北大西洋で氷山に衝突し、
その時に世界最初となる救援信号「SOS」を発信したことによる。

Press Release
銚子電気鉄道株式会社
代表取締役社長 竹本勝紀

〒288-0056
千葉県銚子市新生町2丁目297番地

【本件に関するお問い合わせ先】
銚子電気鉄道株式会社
竹本 TEL:0479-22-0316 FAX:0479-25-2865 MAIL: takemoto@choshi-dentetsu.jp

<主催>一般社団法人 日本だじゃれ活用協会、
銚子うめぇもん研究会、銚子電気鉄道株式会社
<後援>一般社団法人 日本図解協会

ジャンル
イベント
業界
ホテル・レジャー
掲載日
2019年 03月 29日
タグ
タイタニック 銚子電鉄 鯛パニック 日本だじゃれ活用協会 ダジャ列車

月別掲載数

お知らせ