無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

ドキュメンタリー映画を活用した教育プログラムを 全国の中・高・大学生200人に無償で提供

株式会社アジアンドキュメンアリーズのプレスリリース2019年 03月 04日

3月4日(月)から、クラウドファンディングで支援者募集

コンセプトムービー
https://www.youtube.com/watch?v=Aoj_N_X9Q7Y

アジアの優れたドキュメンタリー映画を有料配信する株式会社アジアンドキュメンタリーズ(東京都港区元赤坂 代表:八木沢洋美)では、ドキュメンタリー映画を通して「社会を生き抜く力」を子どもたちに提供しようと、独自に教育プログラムを開発し、受講を希望する全国の中・高・大学生200人に無償で提供する取り組みを、6月1日から11月30日までの半年間で実施いたします。

それに先立ち、3月4日(月)から、クラウドファンディング「レディーフォー」で、プロジェクト資金100万円を支援者から募集することにいたしました。
(支援募集サイトはこちら https://readyfor.jp/projects/asiandocs

こちらの募集では、学生2人~6人分を支援するコースや、ドキュメンタリー映画を活用した教育プログラムの共同研究を行うコース、また協賛スポンサーとして参加できるコースなど、支援金額に応じて多彩な支援形式が用意されています。

 この教育プログラムは、受講者全員に専用IDを発行し、インターネットでドキュメンタリー映画を視聴しながら、アジアの社会問題について機会を提供するものです。受講生は、期間中約80本のドキュメンタリー映画を自由に視聴でき、戦争・貧困・環境・民族・宗教・労働という6つのテーマの課題作品について、専門家の解説授業を動画で受講できます。6回のレポート提出と専門家への質疑応答などのコミュニケーションを通じて、社会への学びを深められる仕組みを提供いたします。

ドキュメンタリーを教育に活用する取り組みを通して、私たちは6つの「社会を生き抜く力」を育てたいと思っています。

◆海外・アジアに目を向け、異なる価値観を理解する力
◆社会問題を立体的、多面的にとらえ、自ら意見できる力
◆正解のない、複雑な現実から学ぶ力
◆作品の意図を読み解き、作品と対話しながら主体的に学ぶ力
◆とらえる・まとめる・つたえるという、総合的な表現する力
◆他社の人生を知ることで、自らを奮いたたせる力

アジアの優れたドキュメンタリー映画を視聴することで、学生たちはまるで旅をするように、作品の中に描かれている人物や出来事と遭遇します。そうした疑似体験は、実際に現地を訪れてみたいという欲求を呼び起こす機会をつくります。
そうした機会から、人生を大きく左右する”出会い”があるかもしれません。それは将来の仕事に関わることや、人生の大きな目標や、大切な人との出会いかもしれません。
社会を知り、未知を知る。大切な出会いの機会を多くの学生たちに提供するための第一歩となる今回のプロジェクトへ、皆様のあたたかいご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●アジアンドキュメンタリーズとは
日本人は、アジア人。もっと、アジアを知ろう。
アジアンドキュメンタリーズは、優れたアジアのドキュメンタリー映画を厳選してお届けする動画配信サービスです。

作品選定は、
「衝撃」・・・知られざる衝撃的事実との出会い、
「感動」・・・深い理解と共感から生まれる感動、
「覚醒」・・・自らが奮い立つような意識の覚醒、
という3つのポイントを重視し、“心揺さぶられる作品”をお届けしています。

こうしたドキュメンタリー作品は、「多文化共生社会」における相互理解を深めるため、学校など教育機関で映像教材としてご活用いただくこともできます。
アジアと世界を、知る・学ぶ・考える。優れたドキュメンタリーは、私たちの人生をより豊かにしてくれます。
【視聴料】 月額見放題900円(税抜)/月 単品購入450円(税抜)/本

配信サイト:https://asiandocs.co.jp

●問い合わせ
株式会社アジアンドキュメンタリーズ
担当:八木沢洋美
03-6876-2298
info@asiandocs.co.jp

ジャンル
商品・サービス
業界
教育・資格・人材
掲載日
2019年 03月 04日
タグ
教育 クラウドファンディング ICT ドキュメンタリー 教育プログラム

月別掲載数

お知らせ