無料プレスリリース配信なら、プレスリリースゼロ

3/7【もしバナゲーム】市民講座 カードで学ぶ看取り医療と伝わる終活

市民活動グループ ほくせつマメの木のプレスリリース2019年 02月 12日

【もしも余命6か月と言われたら!?】

そんな縁起でもない話をするために、お医者様が作った「もしバナゲーム」。 4人一組になり、自分の希望する内容のカードを選んでいく体験ゲームです。

35枚のカードには、終末期の医療やケア、そして家族に関する事などさまざまな文言が書かれています。

取捨選択していく過程で自分の気持ちがはっきりしたり、他者の価値観に触れることであらたな想いが生まれることも。

さあ、あなたが大切にしたい5枚を選んでください。

* * *

NHK「クローズアップ現代+」でも紹介され、終末期医療&緩和ケアに関わる医療職・介護職・宗教者や、デスカフェ(死生観カフェ)等に広まりつつある「もしバナゲーム」。

「興味はあるけど、そういう場には縁が・・」という一般の方にもご参加いただきやすいよう、市民講座を開催いたします。

家族でもなかなか口に出せない縁起の悪い話を、元気なうちから・気負わず・オープンに話し合ってみませんか?

++++++++++++++++++++++++++++++

●講座名 【カードで学ぶ 看取り医療と伝わる終活】

  主催:市民活動グループ ほくせつマメの木
  共催:豊中市 (広報とよなか2月号掲載)

●日時 3月7日(木)10:30~12:30

●場所 豊中市市民活動情報サロン(阪急豊中駅北改札口すぐ)

●定員 先着12名 
(シニアの方、シニアのご家族の方、シニアに関わるすべての方)

●料金 1000円(資料代)
病気や介護が必要になった場合の希望を書いて整理できるノート(定価千円)をお渡しします。

●講師 
①看護師・心理カウンセラー 林信子
②上級終活カウンセラー 熊川サワコ
 
●持ち物 筆記用具、A4のノートが入る袋

+++++++++++++++++++++++++++++

★★ 申込方法 ★★ 

・豊中市市民活動情報サロンへ 直接来館
・豊中市市民活動情報サロンへ 電話 06-6152-2212 

 (受付:火曜から土曜 10時から19時)

★★ 受付開始 ★★ 

2月15日(金)10:00

豊中市在住・在勤以外の方もお申込み可。

注!”豊中市共催”講座のため、上記方法(来館・電話)のみの受付となります。 

キャンセルも、豊中市市民活動情報サロンへ直接ご連絡ください。

++++++++++++++++++++++++++++++

※ゲームのルールや講座の詳細については「ほくせつマメの木」公式サイトをご覧ください
https://hokusetsu-mamanoki.jimdo.com/20190307-end-of-life-care-and-message/

※人生会議=ACP(アドバンス・ケア・プランニング)については、こちらをご覧ください。
https://hokusetsu-mamanoki.jimdo.com/acp-life-meeting/

本講座は「豊中市共催」講座であり、講座内容は事前に市の審査をパスしております。

豊中市「市民公益活動団体情報」掲載団体
市民活動グループ ほくせつマメの木

ジャンル
イベント
業界
その他
掲載日
2019年 02月 12日
タグ
医療 介護 終活 もしバナ 豊中

月別掲載数

お知らせ